B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」(B’z初の無観客配信ライブ)

B'zの写真がペイントされたライブハウス・Zepp Haneda(TOKYO)B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-
筆者撮影:2020年11月中旬
(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」(読み方:ビーズ・ショーケース・ニセンニジュウ・ファイブエラズ・ハチハチニーゼロ・デイワン・トゥ・ファイブ)とは、B’zが2020年10月31日(土)から2020年11月28日(土)まで毎週土曜日に5週連続で開催した自身初の無観客配信ライブである。

B’z公式サイトに掲載された「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」に関する概要は、以下の通りである。

B’z初となる無観客配信ライブを、日本の玄関口である羽田イノベーションシティに新たにオープンした、Zepp Haneda(TOKYO)にて10月31日から11月28日まで毎週土曜日に5週連続で開催。
B’zがデビューした1988年から現在の2020年までに至る32年間を「5つの時代=5 ERAS」に分け、各々の時代にリリースした楽曲構成でライブを披露。5週全ての公演において、全楽曲を入れ替えるだけでなく、毎公演の演出・ステージセットも総入れ替え。正にライブバンドB’zのアイデンティティを最大限に生かした5大ロックスペクタルショーを開催。
30年余りの時を経ても色褪せず、挑み続ける彼らの新たな挑戦が幕を明ける。

コロナ禍で全てが止まり、各々予定していたソロツアーを延期せざるを得ない状況になった2020年今春。加えて、水面下では既に決定していた、B’z初のZepp Haneda(TOKYO)でのレジデンシー公演も先行きが不透明となり、誰もが経験したことのない日常を送る中、「何もできない」と後ろ向きになるのではなく、経験したことのない今だからこそ「何かできること、今しかできないこと」を模索。そして、「デビューから32年の間にリリースした作品を網羅し、5つの時代に分けてライブを届けること」に辿り着く。
また、B’zのライブサウンドに欠かせないバンドメンバーも、30年余りの活動の中でオンステージを共にしたことのある日本人サポートミュージシャンをこの機会に敢えて選出。
決して立ち止まらない、決して悲観しない、走り続けるその証を今ここに顕す。

B’z公式サイトに掲載のインフォメーション(https://bz-vermillion.com/showcase2020/)より引用。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

概要(開催の経緯)

2020年に入り日本や世界各国では「新型コロナウイルス」の大流行が起こり、特に欧米では、多数の重傷者・死者が発生。国内ではおおよそ4月から5月にかけて緊急事態宣言が出されるなどし、国内外の人的移動がほぼ停止したほか、各経済活動、外出の自粛が強く求められた。

B’zは本来2020年の上半期にソロ活動(Tak Matsumoto、INABA/SALAS)を行い、2020年7月~8月に開催が予定されていた「2020年東京オリンピック・パラリンピック」が閉幕した後にB’zとしての活動を実施予定だったが、新型コロナウイルスの影響でそれぞれのソロツアーの延期が決定。またさらに、日本の玄関口・羽田空港の跡地に新設されたライブハウス・Zepp Haneda(TOKYO)にて約1ヶ月間レジデンシー公演(同一の会場を一定期間貸し切って行う複数公演のこと)を開催する予定だったが、これも先行きが不透明になってしまう。そこで話し合いの結果出てきたのが、「無観客配信ライブ」のアイデアだった。

B’zは2020年の4月~5月のいわゆる”ステイホーム期間”中にライブ動画公開企画『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』を実施したり、楽曲「HOME」のセッション動画を公開したりしながら、今回の”ライブの在り方”について議論。その結果、当初キャンセルも選択肢にあったものの、”やったことのない会場で何かできないか”という想いによってライブ開催の決断に至り、さらに、”少数のお客さんを入れる”という選択肢についてはB’zの”お客さんとともに盛り上がるスタイル”との兼ね合いを検討して困難であると判断。また、他のアーティストが配信ライブを行っている状況を見つつ、お客さんや演者の安全を第一に考え、むしろ、”無観客だからこそできることを作り込んで行った方がいい”ということで、「無観客配信ライブの実施」という最終的な結論に辿り着いた。
なお”5週連続開催”としたことについては、”「1本だけ配信ライブです」とやっても面白くないのと、せっかく長くやっているからこそできるアイデアのもとに、この30年あまりの年代を区切ってライブをやろうということになった”から(松本談)だという。
この企画によって松本と稲葉は2020年7月末より顔を合わせ、当年のB’zの活動を再開している。

タイトルの意味

次に、「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」というタイトルの意味について解説する。

まず「SHOWCASE」は、小規模会場(ライブハウス・ホール)・地方での公演、また本ツアーにおけるゲネプロ的公演としての意味合いを持つ、B’zのライブ形態の名称である。そして「2020」は、2020年に行われる公演であることを意味する。

「-5 ERAS 8820-」は「ファイブエラズ・ハチハチニーゼロ」と読み、B’zが当該ツアーでデビュー以降の32年間を「5つの時代=5 ERAS」に分けて各公演を行ったこと、そして1988年にデビューし、現在の2020年まで音楽活動を継続していること(19″88″~20″20″)、そしてこれらの時代をアーカイブ的に網羅することを意味している。

なお「Day1~5」については、当該ツアーが「Day1」「Day2」「Day3」「Day4」「Day5」公演によって構成されていることに由来しているが、公式サイト等の案内では省略して表記されることもある。

サポートメンバー(日本人メンバー選出となった経緯・理由)

今回B’zは、「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」で約19年ぶりに、全員日本人で構成されたサポートメンバーを選出した。

B’zは本来、予定していたZepp Haneda(TOKYO)でのレジデンシ―公演に、2019年のツアー『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』のサポートメンバー(ブライアン・ティッシー、Yukihide “YT” Takiyama、モヒニ・デイ、サム・ポマンティ)の参加を予定していたという。しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大でメンバーの出入国・ビザの発行の問題が発生し、プランが頓挫。その最中で無観客ライブの実施を決めた際、”以前も一緒にやってくれていたメンバーと久しぶりにやってみるのもいんじゃないかな”(松本談)ということになり、かつてB’zのサポートメンバーを務めた経験のある日本人プレイヤーの起用に至った。

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のサポートメンバー詳細はこちら

サポートメンバーの増田隆宣、大賀好修は約2年ぶりの参加となり、全5公演で演奏する全曲にフル出場となった。また田中一光は約26年ぶり、徳永暁人は約13年ぶり、黒瀬蛙一と満園庄太郎は約19年ぶりに、B’zのライブに参加している。

なお当初Day4公演のドラムスは黒瀬蛙一が担当する予定だったが、代役として急遽田中一光が出演することが決定した。

Day1, Day2, Day5 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 徳永暁人(B)
Day3 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 黒瀬蛙一(Dr), 満園庄太郎(B)
Day4 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 満園庄太郎(B)
※Day4に出演を予定していた黒瀬蛙一(Dr)は、田中一光(Dr)に変更。

開催日程

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」の開催日程は、以下の通りである。

公演名:B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5

  • DAY1
    2020.10.31 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY2
    2020.11.7 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY3
    2020.11.14 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY4
    2020.11.21 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY5
    2020.11.28 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START

※開場は、各配信チャンネルオープン時刻。ライブ配信開始は19:00から。
※B’z PARTY会員限定チャンネルは、17:30開場 / 18:30 特典映像配信開始。

なおB’z公式ファンクラブ「B’z PARTY」の会員は、B’z PARTY会員専用版プラットフォームPIA LIVE STREAMにてチケットを購入可能であり、Day1からDay5まで各配信ライブ前に各々の時代を振り返る特典映像のメンバースペシャルインタビュー「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 Special Interview」を視聴することができた。

【チケット代金】

¥ 3,500(税込)
※アーカイブ配信も同額。
※別途、配信メディアごとに手数料が必要。

セットリスト

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」の各公演におけるセットリストは、下記ページをご参照いただきたい。

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」のセットリストはこちら

「HANEDA INNOVATION CITY」(羽田イノベーションシティ)におけるデコレーション実施

ちなみに今回、会場のZepp Haneda(TOKYO)がある複合施設・「HANEDA INNOVATION CITY」(羽田イノベーションシティ、HICity=東京都大田区羽田空港)が全面的な協力を行い、施設にB’zの配信ライブに関する大々的なデコレーションを実施。B’zの公式SNSでも装飾の様子が度々紹介されたほか、2020年11月7日(土)開催の「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day2」ではヴォーカル・稲葉浩志が、楽曲「love me,I love you」を歌いながらライブハウスの外に出て、Zepp Haneda(TOKYO)の外壁にペイントされたB’zの写真を紹介した。

HANEDA INNOVATION CITYのデコレーション解説記事はこちら

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」に関連するニュース・話題

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」に関するニュース・話題は、下記をご参照いただきたい。

ドラマー・黒瀬蛙一がB’z配信ライブ終演にコメント「皆で笑って大団円出来た事、心より嬉しく思います」
「もうすぐいくよ…君の中へ…」B’zの配信ライブオープニング曲は「OFF THE LOCK」約31年ぶりに再録か
B’z配信ライブに”マイクロドローン”が登場し演者の至近距離へ 中川さん&船津さん「新しい視点」の映像届ける
【ライブレポート】B’z 配信ライブファイナル”Day5”完遂 「無観客ライブは無観客じゃない」感謝の気持ち伝え
B’z、配信ライブで新曲「YES YES YES」披露 “他人の幸せ喜べる 人間になりなさい”

「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」に関するニュース・話題はこちら

”Day1”に関するニュース・話題

【B’z 2020年 サポメンプロフィール紹介】『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のサポートメンバーについてまとめました。
「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」(B’z初の無観客配信ライブ)
B’z、公式YouTubeチャンネルで「Day1-2」ダイジェスト映像を公開
B’z、「PCR検査済み」ステッカーを公式SNSで公開 無観客配信ライブで頻繁に登場
B’z無観客配信ライブ初日「Day1」公演ダイジェスト映像が公開

”Day1”に関するニュース・話題はこちら

”Day2”に関するニュース・話題

B’z、プーチン大統領やロシア名物・ピロシキをライブでネタに サポメン・増田隆宣らも強力バックアップ
【B’z 2020年 サポメンプロフィール紹介】『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のサポートメンバーについてまとめました。
「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」(B’z初の無観客配信ライブ)
日テレ「スッキリ」でB’z無観客配信ライブ特集 B’zファンの水卜アナ「中高生時代を思い出す」
B’z、公式YouTubeチャンネルで「Day1-2」ダイジェスト映像を公開

”Day2”に関するニュース・話題はこちら

”Day3”に関するニュース・話題

B’z、公式YouTubeチャンネルで配信ライブ「Day3-4」ダイジェスト映像を公開
B’z無観客配信ライブ「Day3」公演のダイジェスト映像が公開
満園庄太郎参加のB’z配信ライブが終了「B’zのお2人をはじめ沢山の仲間、そして応援をしてくれた皆様に感謝」
B’z、プーチン大統領やロシア名物・ピロシキをライブでネタに サポメン・増田隆宣らも強力バックアップ
【B’z 2020年 サポメンプロフィール紹介】『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のサポートメンバーについてまとめました。

”Day3”に関するニュース・話題はこちら

”Day4”に関するニュース・話題

B’z無観客配信ライブ「Day4」公演のダイジェスト映像が公開
満園庄太郎参加のB’z配信ライブが終了「B’zのお2人をはじめ沢山の仲間、そして応援をしてくれた皆様に感謝」
B’zの足湯入浴写真、公式SNSで公開 羽田イノベーションシティの「足湯スカイデッキ」は聖地化?
B’z、プーチン大統領やロシア名物・ピロシキをライブでネタに サポメン・増田隆宣らも強力バックアップ
【B’z 2020年 サポメンプロフィール紹介】『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のサポートメンバーについてまとめました。

”Day4”に関するニュース・話題はこちら

”Day5”に関するニュース・話題

ドラマー・黒瀬蛙一がB’z配信ライブ終演にコメント「皆で笑って大団円出来た事、心より嬉しく思います」
B’z配信ライブに”マイクロドローン”が登場し演者の至近距離へ 中川さん&船津さん「新しい視点」の映像届ける
【ライブレポート】B’z 配信ライブファイナル”Day5”完遂 「無観客ライブは無観客じゃない」感謝の気持ち伝え
B’z、配信ライブで新曲「YES YES YES」披露 “他人の幸せ喜べる 人間になりなさい”
B’z配信ライブ「5 ERAS 8820」全面広告が読売新聞、朝日新聞に掲載 “先のB’z”トレンド入り

”Day5”に関するニュース・話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました