YouTubeチャンネル登録はこちら >
TwitterはこちらLINEはこちら

B’z配信ライブ最終日でVo.稲葉浩志「バンドだって窒息するわけですから」感動MCを披露

B'zの配信ライブステージ写真B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-
画像出典:B'z公式Instagramの投稿より引用

(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

B’zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5』(2020年11月28日開催)のステージMCで、ヴォーカル・稲葉浩志は全5日間にわたる公演を総括。またファンに向けて、時折直接的な表現を用いて、感謝の意を伝えた。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報 管理人@はやみん

はやみんは、ロックユニット「B'z」のことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

下記ボタンから簡単登録可!更新通知が便利!

B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5 本編終盤での稲葉浩志のMC

本編終盤での稲葉浩志によるMC全文は、以下の通り。

「(「有頂天」の演奏を終えて)どうもありがとうございまーす。えー、今回のこの、”SHOWCASE 2020 -5 ERAS”という企画というか、この”SHOWCASE”、ホントに、あの、もう何回も言ってますけど、我々にとって、非常にあの、慣れない、初めての、えー、試みでしたけれど、本当にあの、えー、多くの皆さんの協力の下にですね、協力を得て、この最終日”Day5”に、辿り着くことができました。本当に感謝してます。ありがとうございます。えーまぁ、あの、この、まぁ準備期間も含めると1ヶ月以上ですけども、このやってく中でですね、まぁあの、気付いたこともありまして、やっぱり一番大きいのはあの、”無観客ライブっていうのは無観客じゃないんだな”っていうことに、気付きました。なんかあの、聞こえるんですよね。皆さんの、声が。そしてまぁ、感じるわけですよ、皆さんの、あの、熱を。えー、そんな中であの、やってたんで、あの、ちっとも寂しくなかったです。ふふっ。えー、そういう結論に達しました、”無観客ライブは無観客じゃない”。えー、まぁこの経験がですね、ホントにこのB’zというバンドの今後の活動、それから作品にも、えー、良い影響をもたらしてくれると、えー、確信しております。えー、そしてまぁ三十年、三十数年ですか、やってるとですね、まぁ、いろんなことが、ありますよね。えー、でもそういった中でホントにどんな時もですね、あのー、我々を、えー、勇気づけたり、奮い立たせてくれたのはやっぱり、皆さんの声援です。えー、今もですね、あのー、こういうちょっと、なんて言うんでしょう、息苦しいっていうか、えー、窒息しそうなこの世の中の状況の中で、今回、えー、そういう皆さんの、えー、存在を感じながら、えー演奏できたことはですね、えー、なんて言うんだろうB’zっていうバンドが皆さんの愛情とか情熱でまた大きくこう、呼吸させてもらったような、そんな感じが、してます。えー、このままねぇ、何にもしないでいたら、えー、バンドだって窒息するわけですから。スタッフだって窒息するわけですよ。えー、皆さんのお陰で、大きく我々、息ができました。えー、この”5 ERAS”という、えー、配信ライブ、えー、皆さんが参加してくれたこと、本当に心の底から感謝しております。どうもありがとうございました。」

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5』本編終盤での稲葉浩志のMCより引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました