広告

B’z稲葉浩志は「LOVE PHANTOM」でダイブしているのか

広告

ロックユニット「B’z」の大ヒットシングル曲「LOVE PHANTOM」は元々、1995年に開催されたベスト選曲ツアー『B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”』の演出用に作られた楽曲だった。

同ツアーで舞台監督を務めていた市川訓由は、大掛かりなステージ演出のアイデアを、当初既存の楽曲「VAMPIRE WOMAN」(4th AL『RISKY』収録 1990.10.07)のパフォーマンスとして発案。しかしそのアイデアを聞いたギター・松本孝弘は、演出に大変な興味を持ち、わざわざ演出用の曲として、新曲「LOVE PHANTOM」を書き下ろしたのであった。

なお同曲は、ツアー終了後に通算18枚目のシングル曲としてリリース。結果的にB’zのシングル歴代2位の、好調なCDセールスを記録した。

Listen on Apple Music

B’z「LOVE PHANTOM」の演出とは?

広告

そして同ツアー(そしてその後の2003年、2018年開催のベスト選曲ツアー)の「LOVE PHANTOM」演奏時には、大変アクロバティックな内容の演出が行われた。ヴォーカル・稲葉浩志が、ヴァンパイアやドラキュラなどを彷彿とさせる白いシャツ、黒いパンツを着用した衣装で、ステージに登場。演奏が進んでいくうちにミラーの前で徐々にグローブ、サスペンダー、マント、ハットなどを着用して変装し、さらにロープを掴んでステージセット上部に移動すると、一方でギター・松本孝弘はギターからレーザー光線を稲葉に向けて放ち、最終的には稲葉が、ステージセットの高台から地面にダイブしたのであった。

広告

今やこの演出は、多くのファンからB’zの歴代ライブを代表するものと言われており、バラエティ番組などで紹介されることも多い。

さて、そんな印象的な「LOVE PHANTOM」のライブ演出だが、これを観たオーディエンスにはとある疑問が湧く。この時稲葉浩志は、実際にステージセットの高台からダイブしていたのだろうか?

稲葉本人がダイブしているように見えるが実際にはスタントマンが…? あくまで”リアルな”演出だが、命懸けのプロの仕事

広告

もちろんこの演出は、稲葉本人がダイブしているように見える、実に精巧な作りのものである。
また本人らが演出についてのタネ明かしをしたことは、これまでに一度もない。(つまり稲葉が飛び降りた、という前提があるということだ。)

しかし実際には、ステージセットの高台からはスタントマンが飛び降りている、と考えるのが妥当だろう。

広告

この演出では高さ数十mから、ごく限られたスペースの地面に敷かれたマットを目掛け、文字通り”命懸け”で飛び降りることが要求される。仮に命綱があっても危険なチャレンジを、命綱なしで毎公演、稲葉本人が行うだろうか?ーそのように考えるとー自ずと答えが見えてくるはずだ。

これは言うまでもなく、専門的な技術が必要な、まさに”プロフェッショナル”な仕事なのである。

ちなみに『B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”』の映像作品には、スタントとして「JAC」(ジャパンアクションエンタープライズ、旧:ジャパンアクションクラブ)のクレジットが記載。同社所属のスタントマンがライブに出演していることが、明記されている。

広告

また、演出のカラクリは一切明かされていないが、一般的には、稲葉が変装を終え、鏡の後ろを通る際にスタントマンと入れ替わっている、と考えるのが妥当であろう。
一方で2018年の『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』ツアーでは、高台に昇り終えた後で稲葉のズーム映像がスクリーンに映し出されるなど、かなり丁寧な作り込みの演出も行われている。
パッと見た限りではオーディエンスに”実演”を疑わせないことは、流石としか言いようがない。

つまりこれは大掛かりなものでありながらも、ある種のリアルさを徹底した演出でもある、ということだ。その手前、もし稲葉本人がダイブしていると信じるファンがいるのなら、周囲の人々はそれを尊重すべきである、ということも言えそうだ。

稲葉浩志もダイブ演出に直接コメント 「なかなかあの高さも僕も難しいからな…」”再演”に”難色”?

広告

では本人たちはこの演出について、どのようにコメントしているのだろうか?

当の本人であるヴォーカル・稲葉浩志は、2020年10月~11月開催の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のファンクラブ特別インタビューにて同曲の演出が再度行われるかについてインタビュアーに尋ねられると、「どうなんですかね…なかなかあの高さも僕も難しいからな…」とコメント。さらに、続けて「3mぐらいだったらイケる。前、25mぐらいから飛んでたから。」とも語り、自身の”再演”について”難色”を示した。

なおギター・松本孝弘はこれを聞いて横で笑いながら、「もうそろそろな?」とコメントしている。

広告

これらのコメントをどのように捉えるかは、人それぞれであると言えよう。(ちなみに余談だが、以前20周年のファンクラブ記念DVDにて稲葉が”渚園(2003)の飛び降りより怖い”という主旨の発言をしたが、これは前後の文脈から「GIMME YOUR LOVE -不屈のLOVE DRIVER-」での演出について言及したものであると考えられる。)

近年はアニバーサリーイヤーに行われるベスト選曲の”Pleasure”ツアーで演奏されることが慣例となりつつある代表曲「LOVE PHANTOM」だが、次回、再び演奏される時はいつになるだろうか。
またその時には果たして、再度”リバイバル演出”も行われるのか。
来たる2023年のアニバーサリーイヤーやそれ以降の節目にも、期待したいところである。

広告

■公式Facebookで公開されている「LOVE PHANTOM」のライブ映像(『B’z LIVE-GYM Pleasure ’95 “BUZZ!!”』)

コメント

タイトルとURLをコピーしました