B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
B'zのサポートメンバー

【B’z 2020年 サポメンプロフィール紹介】『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のサポートメンバーについてまとめました。

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』のバンドメンバー集合写真B'zのサポートメンバー
画像出典:B'z公式Instagramの投稿
(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

B’zが2020年10月31日(土)から11月28日(土)にかけて5週連続で開催する自身初の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』に出演したサポートメンバーについて、プロフィール情報を含めて詳しくご紹介いたします。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

公演概要・スケジュール、日替わりサポートメンバー出演一覧

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の公演概要は、以下の通りです。

【公演概要】

B’zがデビューした1988年から現在の2020年までに至る32年間を、「5つの時代=5 ERAS」 に分け、各々の時代にリリースした楽曲構成でライブを披露。
5週全ての公演において、全楽曲を入れ替えるだけでなく、毎公演の演出・ステージセットも総入れ替え。正にライブバンド B’z のアイデンティティを最大限に生かした5大ロックスペクタルショー。

B’z公式インフォメーションより引用。

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の公演詳細はこちら

【会場】

Zepp Haneda(TOKYO)(「HANEDA INNNOVATION CITY」内=東京都大田区羽田空港)

【公演スケジュール】

  • DAY1 : 2020.10.31 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY2 : 2020.11.7 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY3 : 2020.11.14 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY4 : 2020.11.21 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START
  • DAY5 : 2020.11.28 (sat) 18:00 OPEN 19:00 START

日替わりサポートメンバー出演一覧

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』のバンドメンバー集合写真
『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のバンドメンバー全員で撮影された集合写真 画像出典:B’z公式Instagramの投稿

B’z初の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』に出演するサポートメンバー(バンドメンバー)は、以下の通りです。

【サポートメンバー】

  • Day1, Day2, Day5 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 徳永暁人(B)
  • Day3: 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 黒瀬蛙一(Dr), 満園庄太郎(B)
  • Day4 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 満園庄太郎(B) 

また公演日程順に並べると、以下の通りです。

  • Day1 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 徳永暁人(B)
  • Day2 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 徳永暁人(B)
  • Day3 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 黒瀬蛙一(Dr), 満園庄太郎(B)
  • Day4 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 満園庄太郎(B)
  • Day5 : 増田隆宣(Key), 大賀好修(G), 田中一光(Dr), 徳永暁人(B)

増田隆宣(Key), 大賀好修(G)は、全日程に出演します。またDay4公演のドラムスは黒瀬蛙一が担当予定でしたが、直前で田中一光に変更となっています。

次に各メンバーのプロフィールをご紹介いたします。

増田隆宣(キーボード)【Day1,Day2,Day3,Day4,Day5に出演】

画像出典:増田隆宣のTwitter投稿(https://twitter.com/takanobumasuda/status/962327354352611329)

増田隆宣(ますだ たかのぶ)は、1961年2月26日生まれ、大阪府出身のキーボディスト、作曲家、編曲家、音楽講師、プロデューサー、経営者。現在59歳。『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の全公演にキーボードとして出演する。なお同ライブでB’zのサポートメンバーに復帰するのは2018年開催の『B’z PARTY Presents B’z Pleasure in Hawaii』以来、約2年ぶりである。

増田隆宣は1984年、ハードロックバンド「44MAGNUM」のアルバムレコーディングで本格的にプロデビューし、1987年には自身のバンド「BLUEW」でもデビュー。さらにB’z、浜田麻里、TUBE、甲斐よしひろなどのサポートキーボディストを務め、日本屈指のロック・キーボディストとして名を馳せた。また一方で、アニメ『SLAM DUNK』(1993)や『突撃!パッパラ隊』(1998)の音楽制作も担当。さらに、音楽制作会社や音楽セミナーなどもこれまでに何度も立ち上げており、現在は、音楽スクール「T-Music Yokohama」(横浜市都筑区)を経営している。

特にB’zとは、1992年から2018年まで(1998年のツアーを除く)、そして2020年と、約27年間にわたってツアー活動をともにしてきた実績があり、増田は現時点でB’zのツアーサポートを行った活動期間が最も長いプレイヤーとなっている。(また松本孝弘とは同い年であり、デビュー前から交流があった。)
また後述の田中一光、満園庄太郎らを音楽スクール「T-Music Yokohama」に講師として招聘するなど、増田は各B’zサポートメンバー経験者と今なお交流を保っており、B’zの活動に、人的交流的な意味においても影響を与えていることが推測。(ちなみにサポートメンバー離脱後2019年にB’zのライブを観覧した際には、一時後継を託すこととなった“後輩”サム・ポマンティとも円滑なコミュニケーションを取っている。)もはや、名実ともに”B’zに欠かせない”存在となっていると言えよう。

また、増田はハードロックバンド「Deep Purple」のキーボディスト、ジョン・ロードのマニアであることでも知られている。持ち前の”ハモンド・オルガン”を駆使したスタイルで、B’zの重厚なロックサウンドを支える。

増田隆宣の話題・ニュースについてはこちら

大賀好修(ギター)【Day1,Day2,Day3,Day4,Day5に出演】

画像出典:大賀好修のInstagram投稿(https://www.instagram.com/p/CB5Vs6knI2H/)

大賀好修(おおが よしのぶ)は、1971年4月8日生まれ、兵庫県出身のギタリスト、作曲家、編曲家。インストゥルメンタルバンド「Sensation」のメンバー。現在49歳。『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の全公演にギターとして出演する。なお同ライブでB’zのサポートメンバーに復帰するのは、増田と同じく2018年開催の『B’z PARTY Presents B’z Pleasure in Hawaii』以来、約2年ぶりである。

大賀好修は1996年頃からプロのギタリストとして活動を開始し、「Rumble Fish」(1998年に「Steel and Glass」へ改名)(~1998年)、「nothin’ but love」(2000年~2002年)、「OOM」(2004年~2009年)のメンバーとして活動。2012年からは、インストゥルメンタルバンド「Sensation」で活躍中である。また一方で、1999年にはZARDの船上ライブ『LIVE AT THE PACIFIC VENUS』でZARDのサポートギタリストに抜擢されると、2004年以降はZARDのライブのバンドマスターを担当。さらに以後、倉木麻衣、稲葉浩志などのサポートも務め上げ、2011年から2018年までは、B’zのツアーサポートギタリストを担当した。

大賀の加入後、B’zのステージではツインギターでのハーモニーが強調されており、大賀は要求される繊細なニュアンスのプレイにも正確に対応。今や松本から厚い信頼を獲得しており、カッティングなどのプレイを一任されるケースも増えている。また、ステージで笑顔を絶やさず楽しげにギターを演奏するキャラクターもまた、メンバーやファンから愛されており、大賀も、近年のB’zのステージで絶大な存在感を示しているプレイヤーだと言えるだろう。

大賀好修の話題・ニュースについてはこちら

田中一光(ドラムス)【Day1,Day2,Day4,Day5に出演】

ドラマー・田中一光の写真
筆者撮影:ドラマー・田中一光の写真(2019年9月)

田中一光(たなか いっこう)は、1965年10月8日生まれ、愛知県名古屋市出身のドラマー、音楽講師。プログレッシブ・ロック・バンド「Yuka & Chronoship」のメンバー。現在55歳。『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』の「Day1」「Day2」「Day4」「Day5」にドラムスとして出演する。なお同ライブでB’zのサポートメンバーに復帰するのは、1994年開催のシークレットライブ『SECRET GIG “Merry X’mas メリーさんの羊が一匹・聖しこの夜”』以来(本ツアーだと『B’z LIVE-GYM ’94 “The 9th Blues”』以来)、約26年ぶりである。

田中一光は高校在学中からサポートミュージシャンとしての活動を開始。19歳の時に中川勝彦のツアーに参加した際、松本孝弘と共演を果たす。そしてその時の松本からの”印象が良かった”ことから、1990年にドラムス・阿部薫がTM NETWORKのツアーサポートと日程がバッティングしてしまいB’zのツアー『B’z LIVE-GYM ’90~’91 “RISKY”』に参加できなくなった際に、新たなB’zのサポートドラマーに誘われた。その後B’zとは、1990年から1994年までツアー活動をともにすることになる。

その後田中は、氷室京介、the brilliant green、安室奈美恵、反町隆史、華原朋美など様々な著名なアーティストのツアーに参加。そして2009年には、プログレッシブ・ロック・バンド「Yuka & Chronoship」を結成し、世界中で活躍を見せている。また増田隆宣の音楽スクール「T-Music Yokohama」では、ドラム講師も務めている。

正確無比で堅実・丁寧なプレイスタイルや、唯一無二のスネアの明るい音色が印象的なドラマーである。

田中一光の話題・ニュースについてはこちら

徳永暁人(ベース)【Day1,Day2,Day5に出演】

画像出典:doaの公式ブログ記事より(https://ameblo.jp/doa-blog/entry-12626505127.html)

徳永暁人(とくなが あきひと)は、1971年9月22日生まれ、神奈川県横浜市出身のベーシスト、作曲家、編曲家、大阪音楽大学ミュージッククリエーション専攻特任准教授。3ピース・ヴォーカル・バンド「doa」のメンバー。現在49歳。『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』の「Day1」「Day2」「Day5」にベースとして出演する。なお同ライブでB’zのサポートメンバーに復帰するのは、2007年開催の『SUMMER SONIC 07』以来、約13年ぶりである。

徳永暁人は1990年に東京音楽大学に入学してから鳴瀬喜博(カシオペアなど)らに師事し、同時にテレビドラマ、CM、ラジオ、ゲーム音楽などの作編曲の仕事をスタート。大学卒業後は音楽制作会社「ビーイング」に所属し、ZARDの「永遠」などの楽曲の作編曲を担当した。その後はB’zの活動に参加し、シングル「Calling」「Liar! Liar!」「ultra soul」、アルバム『SURVIVE』などの共同編曲、プログラミング、ベースを担当。B’zのツアーでは主に1998年、2003年から2007年の間に(『B’z LIVE-GYM ’98 “SURVIVE”』『B’z LIVE-GYM The Final Pleasure “IT’S SHOWTIME!!”』『B’z LIVE-GYM 2005 “CIRCLE OF ROCK”』『B’z LIVE-GYM 2006 “MONSTER’S GARAGE”』など)、サポートベーシストを務めた。

2004年からは、結成した自身のバンド「doa」でもヴォーカル、ベーシストとして活動中。また近年は倉木麻衣や大黒摩季らに楽曲提供を行い彼女らのツアーにも帯同しているほか、大阪音楽大学でもミュージシャンの育成に尽力しており、まさに”多忙な”日々を送っている。

コンポーザーとしての卓越した能力や、自らがヴォーカルを取ることもできる歌唱力、さらに緻密な理論と圧倒的な経験に基づいた”歌を聴かせる”ナチュラルなベースプレイなどが特徴の、多才なミュージシャンである。

徳永暁人の話題・ニュースについてはこちら

黒瀬蛙一(ドラムス)【Day3に出演】

筆者撮影:黒瀬蛙一の写真
筆者撮影:黒瀬蛙一の写真(2019年9月)

黒瀬蛙一(くろせ かいち)は、1969年1月3日生まれ、東京都出身のドラマー。現在51歳。『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』の「Day3」にドラムスとして出演した。(※本来「Day4」にも出演予定だったが、直前で田中一光と交代している。)なお同ライブでB’zのサポートメンバーに復帰するのは、2001年開催の『B’z LIVE-GYM in Hong Kong 2001』以来、約19年ぶりである。

黒瀬蛙一は大学在学中、サークルで出会った仲間とプログレッシブ・ロック・バンド「HAPPY FAMILY」を結成し、永瀬敬一として活動。そして1995年頃からプロとしての活動を始め、1996年に、B’zのギタリスト・松本孝弘のソロアルバム『Rock’n Roll Standard Club』のレコーディングとライブツアーに参加した。

さらに1997年、『B’z SHOWCASE “GO! GO! HEAVEN”』(本ツアーは1998年:『B’z LIVE-GYM ’98 “SURVIVE”』)からB’zのツアーサポートに帯同。以後2001年『B’z LIVE-GYM in Hong Kong 2001』(本ツアー:『B’z LIVE-GYM 2001 “ELEVEN”』)まで約4年間B’zと活動をともにし、1999年以降に共演した後述のベーシスト・満園庄太郎との”黒満”コンビは、B’zの当時のハードでヘヴィな音楽スタイルに一定の影響を与えた。

2002年には満園庄太郎らと自身のバンド「flower(のちにflow-warと改名)」(前年には「THE SUN HEADS」)を結成し、改めてデビュー。

その後ZARD、GARNET CROWなどのツアーサポートメンバーを務めたほか、いとうかなこ、BREAKERZの音源にレコーディング参加。また前述の「HAPPY FAMILY」でも一部”復活”として活動を行っている。

ダイナミックでありながらも繊細で、”歌心”を感じさせる独特のグループを紡ぐのが特徴的なドラマー。また性格も陽気であり、満園とともにバンドを明るく照らす。

黒瀬蛙一の話題・ニュースについてはこちら

満園庄太郎(ベース)【Day3,Day4に出演】

満園庄太郎の画像
画像出典:満園庄太郎の公式ホームページ(https://www.shotaromitsuzono.com/フォトギャラリー/)

満園庄太郎(みつぞの しょうたろう)は、1970年6月17日生まれ、愛知県犬山市出身のベーシスト、音楽講師。現在50歳。『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』の「Day3」「Day4」にベースとして出演する。なお同ライブでB’zのサポートメンバーに復帰するのは、黒瀬と同じく2001年開催の『B’z LIVE-GYM in Hong Kong 2001』以来、約19年ぶりである。

満園庄太郎は大正大学文学部哲学科に在学中の1989年、ハードロック・バンド「WILD FLAG」を結成し、プロデビュー。また1993年にはメンバーチェンジを経た「BOW WOW」に兄・満園英二とともに加入し、同バンドで1997年まで活動を行っている。その後1997年~98年頃には橘高文彦(筋肉少女隊)、原田喧太、川村かおり、TWINZERなどのサポートを務めつつ、自身のバンド「EXCITE 3」を結成。そしてさらに、1999年、ロックスタイルへの転換を目指すB’zによって、アルバム『Brotherhood』のレコーディングに抜擢されたのをきっかけに、同年のツアー『B’z LIVE-GYM ’99 Brotherhood』に参加。 その後もアルバム『B’z The Mixture』『ELEVEN』のレコーディングや、『B’z LIVE-GYM Pleasure 2000 “juice”』『B’z LIVE-GYM 2001 “ELEVEN”』などのツアーに参加し、黒瀬とともにスピリッツ溢れるパフォーマンスを、B’zの音楽のフィールドでいかんなく発揮してきた。

2002年には黒瀬蛙一らと自身のバンド「flower(のちにflow-warと改名)」(前年には「THE SUN HEADS」)を結成し、改めてデビュー(2004年まで活動)。その後、「ATOMIC POODLE」などでの活動を展開し、近年は原田喧太、バンド「KATAMALI」などの音源にも参加している。また現在は、増田隆宣の音楽スクール「T-Music Yokohama」で、ベース講師も担当。

ちなみに、自ら発案した、ベースが火を噴く「ドラゴンファイヤー」という技をライブステージで披露することが代名詞。ハードでアグレッシブなサウンドとともに、長身・長髪、胸元の開いたシャツという特徴的ないで立ちから繰り出される秘技が、バンドのステージに華を添える。

満園庄太郎の話題・ニュースについてはこちら

以上が、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』に出演するサポートメンバー(バンドメンバー)全員のプロフィールである。ヴォーカル・稲葉浩志が無観客配信ライブのMCで”仲間”と呼んで憚らない彼らに、最大限の敬意、そして賛辞を送りたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました