B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト

B'zのニュース

B'zのニュース
B'zの話題

B’z「GLORY DAYS」ツアーで稲葉浩志が披露した伝説のMC 「速くたってゆっくりだって…」

ロックユニット「B'z」がデビュー20周年を記念して開催したベスト選曲ツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』では、アンコールで演奏された代表曲「RUN」のイントロ部分で、ヴォーカル・稲葉浩志からファンに感謝の気持ちを伝える感動的なMCが披露された。全文は以下の通り。
面白い話題

B’zの名前の由来・意味について徹底解説

日本を代表するロックユニット「B'z」の名前の由来や意味は、いったい何なのだろうか? 筆者がまとめた。
エピソード

稲葉浩志(B’z)の高校時代の大学受験勉強秘話

毎年1月中旬になると多くの受験生が志望校合格に向けて大学入学共通テスト(旧:センター試験/共通一次試験)に挑むが、果たして日本のロックユニット「B'z」のヴォーカリスト・稲葉浩志は高校時代、どのような受験勉強の日々を送っていたのだろうか?
B'zのサポートメンバー

活躍する”B’zサポメン音楽講師”たち 生徒さんからB’zの曲指定で喜び!?

もし、自分が通う音楽教室の先生が、憧れのアーティストのサポートミュージシャンとして活躍していたら、どう思うだろうか?ーさて、B'zのサポートメンバーの中で少なくとも3人は、今現在音楽講師としても活躍している。中にはライブ後生徒さんからB'zの楽曲をリクエストされた、というケースもあるようだ。筆者がまとめた。
会報誌(be with!)

B’z、会報128号の発送予定日は2021年1月28日

ロックユニット「B'z」の公式ファンクラブ「B'z PARTY」が発刊する会報誌128号「be with! vol.128」の発送予定日が、2021年1月28日(木)に決定したことが発表された。
面白い話題

イナバ物置CMの社員の顔が全員B’z稲葉浩志に…衝撃の”公式コラ画像”が話題に

「やっぱりイナバ! 100人乗っても大丈夫!」ーこの印象的なテレビCMのフレーズは、もはや大半の国民が知っているだろう。だがもしそこに、姓が同じB'zのヴォーカリスト・稲葉浩志が登場したらー実は、B'zがリリースしたベストアルバム『B'z The Best "Pleasure II"』の読売新聞広告では、「松本引越センター」、「イナバ物置」とB'zがコラボした見開き広告が掲載されたのである。
面白い話題

B’z「兵、走る」の読み方を「へい、はしる」だと思っていた人が意外に多い事実 タレント・ベッキーも

「♪ゴールはここじゃない まだ終わりじゃない」ーこの印象的なフレーズを私たちはテレビで何度耳にしたことだろうか。そう、この楽曲は、リポビタンD ラグビー日本代表応援ソングに起用されたB'zの「兵、走る」である。そしてこの楽曲のタイトルは何と読むのか、悩んだ人も多いだろう。果たして「へい、はしる」なのか?筆者がまとめた。
面白い話題

「今年の新成人が生まれた頃のヒット曲はB’zのultra soul」ツイートが話題に リリースから20年経過

「今年の新成人が生まれた頃のヒット曲はB'zのultra soul」ーそんなツイートが、Twitterで話題になっている。確かに、B'zの31枚目のシングル曲である「ultra soul」は、未だに多くの場面で耳にする人気曲であり、この楽曲が今から約20年前の2001年3月14日にリリースされたものであるとは、にわかに信じがたいだろう。
面白い話題

B’zが中山美穂と「世界中の誰よりきっと」をデュエットしていたかもしれない秘話

「世界中の誰よりきっと」は当時、”ミポリン”の愛称で親しまれていた国民的アイドル・中山美穂と、新進気鋭のアーティスト・WANDSがコラボして生まれた名曲であるわけだが、実はこの時「WANDS」ではなく、あのロックユニット「B'z」が中山美穂とコラボしていたかもしれないーそんな驚きのエピソードがある。
SNSを今すぐフォロー!
タイトルとURLをコピーしました