「いいにくいことをいう日」で公式が「リポビタンD」の正式な読み方は「デー」と周知 B’z『5 ERAS』では…

11月29日はその語呂合わせから、「(11)いい(29)にくいことをいう日」として各企業の公式アカウントが本音を告白するのが近年のムーブメントになっている。そして本年同日、Twitterの公式アカウント「【リポD】ラグビー応援部」では、大正製薬「リポビタンD」の正式な読み方が「リポビタン“ディー”」ではなく「リポビタン“デー”」であるという事実が周知された。同アカウント曰く、これはドイツ語読みであるという。

ちなみにロックユニット「B’z」は、楽曲「兵、走る」をリポビタンD ラグビー日本代表応援ソングとして書き下ろし、またかつてライブ用に同製品のパロディ映像を制作したこともあるなど、「リポビタンD」と縁が深い存在でもある。一方、無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day3』の本編中盤でこの話題が登場した際には一瞬だけ、ヴォーカル・稲葉浩志が製品名を「リポビタン“ディー”」と発音する場面がみられた。もちろんこれはただ単に無意識に発音しただけのことかもしれない上、普段各名称を正確に読み上げる稲葉にとって大変珍しいことなのだが…同アカウントの投稿や何かしらの機会によって、本人に何かしらの”気付き”がもたらされることを期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました