広告

打首・河本あす香、ツアー最終日にB’zも入った”羽田の足湯”に浸かる

B'zの聖地としても知られる「足湯スカイデッキ」に入った打首獄門同好会・河本あす香の写真ミュージシャン・関係者
画像出典:河本あす香のTwitter投稿より引用
広告

打首獄門同好会の河本あす香が29日、自身のTwitterを更新。同日Zepp Haneda(TOKYO)(=東京都大田区)で行われたレーベルツアー『LD&K NIGHT 2021〜憂晴福反応〜』最終日公演の前に、会場が入居する複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」にある「足湯スカイデッキ」を訪れたことを、報告した。この設備に備え付けられた足湯はロックユニット「B’z」のメンバーが昨年11月に無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4』の演出で入ったことでも知られており、同ユニットのファンである河本はツイートで、「やっと入れたぁ〜❤︎❤︎❤︎」(https://twitter.com/125Uchi/status/1465237720934928385より引用)と喜びの声を綴った。

広告

なお河本は昨年12月17日に打首獄門同好会のツアー『新型コロナウイルスが憎いツアー2020』の最終日公演で同会場を訪れた際にも、B’zのライブ演出で使用された会場の設備を写真に収めるなどしており、終演後には会場スタッフに同公演を観たことを伝えたという。またその際、”笑顔で「是非足湯に」”(https://twitter.com/125Uchi/status/1339567593250648066より引用)と声を掛けてもらったとのことだった。今回、約1年越しに足湯に入ることができたのだろうか。

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました