黒瀬蛙一

広告
訃報

B’z元サポートの黒瀬蛙一がYMO・高橋幸宏さんを追悼 ドラマーを始めたきっかけ

B'zの元サポートメンバーでドラマーの黒瀬蛙一が2023年1月15日、自身のSNSを更新。今月11日に脳腫瘍により併発した誤嚥(ごえん)性肺炎によって70歳で逝去したことが同日発表された、「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」のドラマー・高橋幸宏さんを追悼した。
ミュージシャン・関係者

TWINZERが再始動 30周年ツアー初日公演が大阪で開催

5人組ロックバンド「TWINZER」(Vo.生沢佑一、Gt.K-A-Z、Gt.関将、Ba.満園庄太郎、Dr.黒瀬蛙一)が、デビュー30周年を記念した全国ツアー『TWINZER We’re Rockmen live tour 2022』を2022年10月~12月に開催。初日公演の「ROCK TRAIN〜STASION 1〜」が9日、大阪・梅田のライブハウス「Zeela」で行われた。
ミュージシャン・関係者

TWINZERの新春”座談会”動画が公開 生沢、満園、黒瀬らメンバーが出演しトーク

ロックバンド「TWINZER」のヴォーカル・生沢佑一のYouTubeチャンネルで23日、バンドメンバー5人(Vo.生沢佑一、Gt.K-A-Z、Gt.関将、Ba.満園庄太郎、Dr.黒瀬蛙一)全員が新春に集まり"座談会"を行う様子の動画が公開された。
広告
B'zのサポートメンバー

B’zサポメン、東日本大震災から10年でコメント

B'zのサポートメンバーを務めたことのあるギタリスト・大賀好修、ベーシスト・徳永暁人、ドラマー・黒瀬蛙一、キーボディスト・サム・ポマンティらが、東日本大震災発生から10年が経過したことを受け、自身のSNSにコメントを綴った。
B'zのサポートメンバー

B’z最新サポメンの2021年新年の挨拶&近況まとめ

ロックユニット「B'z」の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』に参加した最新のサポートメンバーらが、自身のSNSで2021年年初における年明けの挨拶を述べています。筆者が近況とともにまとめました。
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

B’z配信ライブ「5 ERAS」全5公演のドラムセット写真が公開される

ロックユニット「B'z」が行った無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の全5公演で田中一光、黒瀬蛙一が使用したドラムセットの写真が、楽器メーカー「パール楽器製造株式会社」のTwitterアカウントで公開されました。
B'zのサポートメンバー

B’z配信ライブで共演の黒瀬蛙一&満園庄太郎コンビ 最新ツーショットが公開

ロックユニット「B'z」の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のステージで共演を果たした盟友、ドラムス・黒瀬蛙一とベース・満園庄太郎の貴重なツーショットが、SNSで公開されました。
黒瀬蛙一

黒瀬蛙一、B’z配信ライブに使用したドラムセット&スティックの写真を公開

ドラマーの黒瀬蛙一が、B'zの配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』で使用した、自身のドラムセットやドラムスティックの写真を、SNSで公開しました。
黒瀬蛙一

ドラマー・黒瀬蛙一がB’z配信ライブ終演にコメント「皆で笑って大団円出来た事、心より嬉しく思います」

ドラマー・黒瀬蛙一が、自身が出演したB'zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』が終演したことを受け、SNSで本文に『天晴』と記し、ファンに向けてコメントを綴りました。
田中一光

B’zドラマー代役・田中一光 急遽出演に「期待に応えるためにも集中して頑張りたい」SNSでコメント

B'zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4』に黒瀬蛙一の代役で出演することとなったドラムス・田中一光が、自身のTwitterで同公演への意気込みを語り、多くのファンが、この投稿に反応を示しています。
広告
\この記事をシェアする/
\SNSをフォローする/
タイトルとURLをコピーしました