広告

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X- のサポートメンバー

B'z公式サイトに掲載された『B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』のロゴマークB'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-
画像出典:B'zの公式サイトより引用
広告

B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』のサポートメンバー(バンドメンバー)は、以下の通り。

広告

Guitar : YUKIHIDE “YT” TAKIYAMA

Drums : 青山英樹

Keyboard : 川村ケン

Bass : 清

出典:B’zの公式サイト(https://bz-vermillion.com/news/220221.html)より引用

各メンバーのプロフィールを以下に記載する。

Listen on Apple Music

YUKIHIDE “YT” TAKIYAMA(読み:ユキヒデ・ワイティー・タキヤマ)

Yukihide "YT" Takiyamaのステージ写真の画像
画像出典:Yukihide “YT” Takiyamaの公式サイトより引用

6月15日生まれ。年齢非公開。兵庫県出身。バークリー音楽大学(アレンジ&オーケストレーション科専攻)卒業。1990年代後半よりロサンゼルスを拠点に活動し、2006年以降には「嵐」「KAT-TUN」などの作編曲・ディレクション・レコーディングを担当した。2010年以降は氷室京介の音楽活動・プロジェクトに参加。そして、氷室の紹介で2017年6月リリースのシングル曲「声明」よりB’zのアレンジャーを務め、2019年と2021年以降にはサポートメンバーも務めている。マルチプレイヤーであるため今回は、ポジションをサポートベースから再びサポートギターへと移した。バンドではバンマス的役割やコーラスも担っている。普段は寡黙な様子だが、ステージでは熱いプレイを見せる。

広告
B’z福岡公演で「ちかっぱ」「バリ」方言登場 メンバーが次々言及
B’zサポートメンバーのYT、川村ケンにレアな「カール」をプレゼント お返し?の「地ビール」も
YT、『B’z LIVE-GYM 2022』高崎公演のステージ上で稲葉らメンバー・観客に誕生日祝われる

Yukihide “YT” Takiyamaに関する話題はこちら

青山英樹(読み:あおやま・ひでき)

B'zのライブにサポートメンバーとして参加するドラマー・青山英樹の画像
画像出典:青山英樹のTwitter投稿より引用

1986年8月29日生まれ、年齢35歳(※ツアー開催時)。神奈川県出身。日本芸術高等学園卒業。2006年に自身のバンド「アルメリア」(ARMERIA)でデビュー。2008年に「JAM Project」のライブツアーに参加し、以後は数多くのアニソンイベントや緒方恵美、森久保祥太郎などの声優のライブにサポート出演した。2013年からはBABYMETALのバックバンド「神バンド」のメンバーを担当している。Rock Project『B’z presents UNITE #01』(2021)でB’zのサポートに初参加。1990年代にB’zのレコーディングに参加したドラマー・青山純(故)を父に持つ。異例の親子でのB’zとの共演が実現した。ツーバススタイルのヘヴィかつ正確なドラミングが、魅力。

広告
「英樹、感激」B’z愛媛公演で稲葉の突然の振りに…サポDr・青山が叫んだ
B’zサポDr・青山英樹、愛媛公演に意気込み「今日はロックの日」「来たこと無かったので嬉しい」
B’z2022年全国ツアーサポメン全員の集合写真が初公開 川村のブログと青山のTwitterで

青山英樹に関する話題はこちら

川村ケン(読み:かわむら・けん)

B'zのサポートキーボディストを務める川村ケンの画像
画像出典:川村ケンのプライベート・ミュージック・レッスン「緑ちゃん倶楽部」公式ページより引用

1968年11月25日生まれ、年齢53歳(※ツアー開催時)。東京都渋谷区出身。身長182㎝。体重70㎏。血液型AB型。日本大学芸術学部卒業。1991年にロックバンド「SHADY DOLLS」のメンバーとしてデビュー。その後はフリーとして安全地帯、絢香、GLAY、ゆず、安室奈美恵、KinKi Kids、清木場俊介、高橋克典、ZIGGY、宇都宮隆、相川七瀬、ダイアモンド✡ユカイなど数多くのアーティストのツアーやレコーディングに参加してきた。松本孝弘プロデュースのTAKURO(GLAY)のソロアルバム『Journey without a map』(2016)、『Journey without a map Ⅱ』(2019)に川村が参加し、松本がプレイを高評価。その後「氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-」(2019)劇中音源の「月光かりの如く」のキーボードで起用されると、全公演中止となった松本のソロツアー『Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman-』(2020)を経て、Rock Project『B’z presents UNITE #01』でサポート初参加となった。透明のアクリルが取り付けられたオリジナルのハモンドオルガン愛器「海月」やテルミンなど、機材にこだわりを持つ。熱くメロディアスなプレイが特徴。普段は大食いという一面も。性格はロックな見た目と異なり謙虚で柔和とされている。

広告
B’z広島公演でKey・川村ケンが「川村・REDゾーン・ケン」に
B’zサポートメンバーのYT、川村ケンにレアな「カール」をプレゼント お返し?の「地ビール」も
B’zサポートメンバーも愛媛・松山を堪能か Key・川村は道後温泉へ

川村ケンに関する話題はこちら

清(読み:きよし)

清が『B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』に参加することを報告したInstagram投稿の画像
画像出典:清のInstagram投稿より引用

10月31日生まれ。年齢非公開。血液型B型。大阪府出身。2009年に上京後、自身のバンド活動や、国内外でのサポートワークを行う。2015年よりマーティ・フリードマン(Martin Friedman)のワールドツアーにレギュラー参加。さらに2016年公開の宮藤官九郎監督・脚本の映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』では、ベーシストの「鬼姫」役で出演を果たした。ソロ活動では作詞・作曲・編曲・演奏・歌唱のほかにデザイン・映像など、全てをマルチにプロデュースする。B’zサイドがYouTube動画を見て、スタジオライブ『B’z Live from AVACO STUDIO』(2021)を実施した頃に清にオファー、オーディションを経てこの度のサポート初参加が実現した。パーカッシブルなスラップ奏法や、従来の女性像を超越したスマートでハードなパフォーマンスが魅力。

広告
B’zサポートベース・清、”変身動画”を公開「わかってたけど違いすぎる」
清、B’z東京&札幌公演終了で自撮り動画公開 スリムクラブ真栄田からの応援リプに反応も
B’z2022年全国ツアーサポメン全員の集合写真が初公開 川村のブログと青山のTwitterで

清に関する話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました