セクシャルバイオレットNo.1(B’zによるカバー曲)

「セクシャルバイオレットNo.1」(セクシャル・バイオレット・ナンバーワン)とは、ロックユニット「B’z」が、2021年7月14日発売の松本隆トリビュートアルバム『風街に連れてって!』収録曲としてカバーした楽曲。原曲は、桑名正博が1979年7月21日にリリースした通算4枚目のシングル曲。

制作エピソード

トリビュートアルバム制作中に作曲家の筒美京平が逝去。そこでアルバム中に1曲、筒美作曲の曲を入れたいと考えるようになった。
そして思い付いたのが、松本隆の初チャート1位獲得作品であり、これまでにあまりカバーされてこなかったと自身が感じた「セクシャルバイオレットNo.1」。また、カバーするアーティストを想像した時に真っ先に思い付いたのが、「B’z」であったという。

亀田はオンラインミーティングでスタッフに対し、カバーアーティストにB’zを提案。しかしスタッフは、実現困難だろうと難色を示すような雰囲気であった。ところが亀田はこれを受けて、自身がB’zと積み上げてきた関係があるから任せてほしい、とフォロー。現に亀田とB’zには、亀田のラジオ番組への出演、アルバム『NEW LOVE』へのレコーディング参加、またGLAY・TAKUROを交えた松本孝弘とのプライベートでの交友などが存在したのであった。

そこから亀田は、B’zに直筆の手紙を執筆。そのオファーの内容は、大御所アーティストにとっては異例である、楽曲を一曲に絞った(通常は複数曲を提案する場合が多い)ものだったという。

その2日後に、B’zのマネージャーが折り返しの電話があり、本人らが前向きな姿勢であることが明言。さらにその上で、その場にいた松本と稲葉浩志に電話が取り次がれ、そのまま当人たちと楽曲の打ち合わせを行うことができた。(この出来事は2020年12月頃であったという。)

さらに松本は電話口で、自身がかつて桑名正博のバックバンドで「セクシャルバイオレットNo.1」を何度も弾いていたことを告白。亀田はこの事実を知らなかったため、”音楽の神様がいるんだ”と鳥肌が立ったという。
また稲葉も、同曲が好きであり是非歌わせてほしい、とコメント。さらにシャウトを入れてもいいかなど提案も、行った。

そこから制作はスムーズに進行。特に稲葉は、ヴォーカルの仮テイクのデータを亀田に何度も送付したといい、亀田はこの姿勢を“チャーミング”だと感じたという。

また、楽曲は”B’z仕立て”にすべくできるだけシンプルにアレンジ。ヴォーカルとギターの各スペースを確保した。

ちなみにレコーディングには、亀田が以前、B’zに”とっておきの”日本人ドラマーとして紹介した、玉田豊夢が参加している。

収録作品

  • 『風街に連れてって!』(2021年7月14日発売)(トラック数:06.)
    ※主要音楽ストリーミングサービスでも配信中

参加ミュージシャン・クレジット

  • 作曲:筒美京平
  • 作詞:松本隆
  • Produced & Arranged by 亀田誠治
  • Recording & Mixing Engineer:今井邦彦(OORONG-SHA)
  • Assistant Engineer:澁谷駿介(prime sound studio form)、國土祐希(Mouri Artworks Studio)
  • Recording at prime sound studio form
  • Mixing at Mouri Artworks Studio
  • Vocal & Guitar Recording Engineer:小林廣行(Being)
  • Vocal & Guitar Recording at BIRDMAN WEST
  • Vocal:稲葉浩志
  • Guitar:松本孝弘
  • Drums:玉田豊夢
  • Piano:斎藤有太
  • Bass:亀田誠治
  • Trumpet:西村浩二
  • Sax:山本拓夫
  • Trombone:村田陽一

関連ニュース

リリー・フランキー、B’zのカバーを絶賛「底力見たな、みたいな」
作詞家・松本隆、B’zにコメント カバーに「彼らのために作ったような感じ」筒美京平に「天国で喜んだと思う」
B’z「セクシャルバイオレットNo.1」、カラオケDAMで配信開始
B’z秘話も聴ける Spotifyで松本隆トリビュートを”3倍”楽しむプレイリスト公開中
B’zカバー収録『風街に連れてって!』、本日リリース サブスクも配信開始

「セクシャルバイオレットNo.1」に関する話題はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました