広告

ライブハウス・Zepp Haneda(TOKYO)、B’zに感謝「ZeppHanedaの歴史に深く刻まれました」

Zepp Haneda(TOKYO)のスタッフが描いたB'z配信ライブの看板B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-
画像出典:Zepp Haneda(TOKYO)の公式Instagramより
広告

B’zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の会場となったライブハウス・Zepp Haneda(TOKYO)のTwitterアカウントに、B’zへの感謝のメッセージが綴られた。

Zepp Haneda(TOKYO)、TwitterでB’zに感謝 「Day5」公演のダイジェスト映像とともに

広告

東京都大田区羽田空港にあるライブハウス・Zepp Haneda(TOKYO)のTwitterアカウントが今月9日に更新され、B’zの配信ライブ5公演目・『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5』(11月28日開催)の模様をまとめた15秒版ダイジェスト映像が公開。さらに本文に「ZeppHanedaの歴史に深く刻まれました✨ B’zさん、ありがとうございました!!!」と綴られ、配信ライブを開催したB’zへの感謝のメッセージが、記された。

広告

(※同映像では「Still Alive」(53rd SG「声明 / Still Alive」2017.06.14)、「有頂天」(51st SG 2015.01.14)、「兵、走る」(21st AL『NEW LOVE』2019.05.29)のパフォーマンスが紹介。30秒版映像は公式YouTubeチャンネルでも公開。)

Zepp Haneda(TOKYO)もB’zに全面協力 「Day4」ではスタッフ出演も

今回の配信ライブでZepp Haneda(TOKYO)は、入居する複合施設・HANEDA INNOVATION CITYとともにB’zのライブ開催を全面サポートし、史上初の試みとなった今回のライブを、最終公演まで無事遂行。またB’z側も、全5公演の中でZepp Haneda(TOKYO)の客席、通路、ドリンクカウンター、楽屋など施設全体を使ったパフォーマンスを展開し、Zepp Haneda(TOKYO)の全容を、余すところなくファンに紹介した。

広告

また、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4』(11月21日)で「BANZAI」が演奏された場面では、ヴォーカル・稲葉浩志が事務室に赴き、スタッフと共に2回「バンザイ」するパフォーマンスも。稲葉はその際、「Zepp Haneda!」と叫び、Zepp Haneda(TOKYO)のスタッフらを、視聴者に紹介した。

インターネット上では、Twitter投稿を見たファンからZepp Haneda(TOKYO)に対してメッセージが殺到。「素敵な1ヶ月をありがとうございました」「Zeep Hanadaスタッフの皆様!大変な中、素晴らしい5週間をありがとうございました」「いつか、Zepp Hanedaさんで生のB’zさんを見れる日を楽しみにしています」などの声が、多数寄せられている。

広告

▼ライブ期間中、スタッフが描いたという『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の看板の写真。先月13日に、公式Instagramアカウントに投稿されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました