稲葉浩志『en-Zepp』『enⅣ』セトリ一覧はこちら

東日本大震災

B'z

B’z、2020年度の寄付金活動を報告 今年度収益金はコロナ対策支援に寄付

B'zの公式サイトで、2020年度の収益金報告・寄付金活動報告が掲載された。B'zは同年度分の全収益金¥12,655,500を、公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン 新型コロナウイルス感染症緊急子ども支援 「子どもの食応援ボックス」に寄付する。
テレビ番組で取り上げられた話題

Mステ”元気ソング”でB’zの震災後「Brotherhood」パフォーマンス紹介

テレビ朝日系『ミュージックステーション』では、過去35年間、全1382回の放送の中で 「元気をもらった」「勇気が出た」と視聴者から支持される名場面が紹介。その中で、B'zが東日本大震災後に「Brotherhood」を披露した特別パフォーマンスがオンエアされる。
B'z

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの年次報告書で「B’z」の取り組みが紹介

公益社団法人「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン」(=東京都千代田区)が発行した「セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン2020年度年次報告書」で、ロックユニット「B'z」(株式会社バーミリオン)の取り組みが紹介された。B'zは2020年、2019年度分の収益金からセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの「東日本大震災の被災家庭の子どもたちに対する給付金事業」へ580万3千円を寄付。
B'zのサポートメンバー

B’zサポメン、東日本大震災から10年でコメント

B'zのサポートメンバーを務めたことのあるギタリスト・大賀好修、ベーシスト・徳永暁人、ドラマー・黒瀬蛙一、キーボディスト・サム・ポマンティらが、東日本大震災発生から10年が経過したことを受け、自身のSNSにコメントを綴った。
歴史

B’zと東日本大震災について

東日本大震災の発生から、2021年3月11日で10年が経過した。多くの人々が、改めて震災を振り返ったことだろう。そこで今回は、日本を代表するミュージシャンである「B'z」と「東日本大震災」について、筆者がまとめた。
シェーン・ガラース(Shane Gaalaas)

B’z元サポートドラマー・シェーン・ガラース、福島県沖地震発生に日本へお見舞いメッセージ

ロックユニット「B'z」のサポートメンバーを務めたことのあるカナダ出身のドラマー・シェーン・ガラース(Shane Gaalaas)が、福島県沖で東日本大震災の余震とみられる大規模な地震が発生したことを受けて、日本に向けてメッセージを送った。
スポンサーリンク
\この記事をシェアする/
\SNSをフォローする/
タイトルとURLをコピーしました