エピソード

テレビ番組で取り上げられた話題

木村拓哉が『モニタリング』でB’z稲葉との家族エピソード披露&声聴き比べ挑戦 小杉興奮

2日放送のTBS系バラエティ番組『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』2時間スペシャルに木村拓哉がゲスト出演。MC・小杉竜一(ブラックマヨネーズ)を携えて一般人の願いを叶える企画「超難問プレッシャーバトル」に挑戦していき、その中でB'zのヴォーカル・稲葉浩志の声の聴き比べクイズに挑戦し、稲葉家との家族ぐるみの付き合いに関するエピソードを語った。
テレビ番組で取り上げられた話題

Mステ”元気ソング”でB’zの震災後「Brotherhood」パフォーマンス紹介

テレビ朝日系『ミュージックステーション』では、過去35年間、全1382回の放送の中で 「元気をもらった」「勇気が出た」と視聴者から支持される名場面が紹介。その中で、B'zが東日本大震災後に「Brotherhood」を披露した特別パフォーマンスがオンエアされる。
B'z好き芸能人・有名人・ミュージシャン

松坂大輔が引退 B’zのファンで手術日の朝に「さよなら傷だらけの日々よ」を口ずさんだことも

西武の松坂大輔投手が今季限りで引退する意向を固めたことが分かった。なお松坂は、B'zのファン。松坂大輔選曲のコンピレーションアルバム『Music From the Mound』ではB'z「Real Thing Shakes」を選び、また2011年6月10日に米・ロサンゼルスで「トミー・ジョン手術」を受ける前には、B'z「さよなら傷だらけの日々よ」を口ずさんでいたという。
亀田誠治

亀田誠治、B’zへのオファーエピソードを語る「一択です」スタッフ凍り付くも2日後にB’zのマネージャーから電話があり…

音楽プロデューサーの亀田誠治が、音楽評論家・田家秀樹がDJを務めるFM COCOLOのラジオ番組『J-POP LEGEND FORUM』に出演し、B'z「セクシャルバイオレットNo.1」の制作エピソードを、語った。
ミュージシャン・関係者

古舘伊知郎、B’zとの思い出を語る「なんて律儀で謙虚な二人組」

フリーアナウンサーの古舘伊知郎が、5日に公開された自身のYouTubeチャンネル「古舘Ch」の動画で、ロックユニット「B'z」との思い出について語った。古舘伊知郎はB'zと、フジテレビ系「夜のヒットスタジオR&N」、「夜のヒットスタジオSUPER」、「夜のヒットスタジオスペシャル」、「MJ -MUSIC JOURNAL-」で共演。
面白い話題

「日刊競馬」がB’z『ELEVEN』ジャケット元ネタ写真を公開

関東エリアを中心に発刊される競馬専門紙「日刊競馬」がTwitterアカウントで、B'zのアルバム『ELEVEN』のジャケットの元ネタとなった写真を公開した。B'z通算11枚目のアルバム『ELEVEN』(2000年12月6日発売)のジャケットには、1994年11月27日開催のジャパンカップでマーベラスクラウンが優勝した瞬間の写真を加工したものが使用されている。
LiSAの楽曲

LiSA、B’z松本に「Another Great Day!!」間奏部分で『語り』を入れるようオーダーされていた

歌手のLiSAが、楽曲「Another Great Day!!」のサウンドプロデュースを手掛けたB'z松本孝弘から、同曲のギターフレーズの間奏部分に『語り』を入れるようオーダーされたことを、明かした。LiSAはこの部分について「あえて(歌詞に)書かない隠してある感情みたいなものを、そこのフレーズに乗せています。」とコメントした。
サム・ポマンティ(Sam Pomanti)

B’zサポート サム・ポマンティ、日本語学習の足跡を公開 1500個の漢字を…

2019年にB'zのサポートメンバーを務めたカナダ出身のキーボディスト・サム・ポマンティ(Sam Pomanti)がInstagramを更新。自身が日本語の勉強を始めてから5年が経過したことを報告し、さらに、日本語の文章や漢字を練習したノートなどの写真を、公開した。
エピソード

B’zと熊本地震

2016年4月14日の熊本地震発生から丸5年が経過した。そこで今回は、B'zと熊本地震について記述する。
交友関係

B’zと志村けんの知られざる関係性 松本は志村の舞台へ

コメディアンの志村けんが逝去してから丸1年が経過した。今回は、ロックユニット「B'z」と志村けんの関係性について記載する。
この記事を今すぐフォロワーに知らせる
各SNSで更新通知をお届け中!
タイトルとURLをコピーしました