藤井風

藤井風(ふじい かぜ)とは、日本のミュージシャン。シンガーソングライター。1997年6月14日生まれ、岡山県浅口郡里庄町出身。年齢24歳。身長181cm。血液型B型。ロックユニット「B’z」のヴォーカリスト・稲葉浩志が2020年8月下旬実施のファンクラブ会報誌インタビューで、聴いているアーティストに挙げている。

来歴

4人兄弟の末っ子(兄にピアニスト、トランぺッターの藤井空がいる)として、喫茶店を営む音楽好きの両親のもと、岡山県の南西部に位置する人口1万人ほどの里庄町に生まれる。

3歳の頃より、自らは楽器は弾けないという父にピアノやサックス、英語などを教えてもらった。幼少期からジャズやクラシックだけでなく、ポップス、歌謡曲、演歌など、年代・ジャンルを問わず、ありとあらゆる音楽を聴いて育ったという。また小学校の終わり頃に父に「これからはYouTubeの時代」と言われたことで、喫茶店で撮影したピアノカバー動画を2010年頃からYouTubeにアップし始めた。 高校は音楽科のある岡山県立岡山城東高校に通い、動画投稿は一時休止していたが、音楽漬けの日々を送った。そして高校卒業と同時に自分の意思でカバー動画投稿を再開。また2018年前後には一時期老人ホームや病院、終活セミナーなどで演奏していたこともあったという。

2019年初春、活動の拠点を岡山から東京へ移す。この頃自身のYouTubeチャンネルの登録者は増え続け、夏には全国のサーキットイベントや大型フェスに続々と出演。7月には自身初のワンマンライブ『Fujii Kaze “JAZZ&PIANO” The First』を開催し、追加公演を含む全公演のチケットが完売した。この反響を聞きつけたニッポン放送スタッフによって7月27日にラジオ『藤井風のオールナイトニッポン0(ZERO)』生放送が実現、ラジオ初出演にして初の冠番組を担当することとなった。同年7月、ワンマンライブ『Fujii Kaze “JAZZ&PIANO” The First』を開催。

11月17日、LINE CUBE SHIBUYAで『Fujii Kaze NAN-NAN SHOW』を開催。翌11月18日、初の音源「何なんw」を1st配信シングルとしてリリース。12月24日、2nd配信シングル「もうええわ」をリリース。2020年1月24日、「何なんw」のミュージックビデオを公開。この日が藤井風の正式なデビュー日となる。4月14日、3rd配信シングル「優しさ」をリリース。5月15日、4th配信シングル「キリがないから」をリリース。

2020年5月20日、1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』をリリース。同作はBillboard JAPAN総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で総合首位を獲得し、6月1日付のオリコン週間デジタルアルバムランキングでも1位を獲得した。

2020年6月に開催予定だったライブツアー『Fujii Kaze “NAN-NAN SHOW 2020”』は新型コロナウイルス感染拡大により全公演中止となった。

2020年10月29日、初の武道館公演となるワンマンライブ『Fujii Kaze “NAN-NAN SHOW 2020” HELP EVER HURT NEVER』を開催。翌30日、同公演で披露された新曲二曲が5th配信シングル「へでもねーよ」、6th配信シングル「青春病」としてリリース。

2020年12月~2021年1月、初の全国ツアー『Fujii Kaze “HELP EVER HALL TOUR”』を全12公演開催。

2021年1月、3月1日に7th配信シングルとしてリリースされた書き下ろしの新曲「旅路」がテレビ朝日系連続ドラマ『にじいろカルテ』の主題歌となった。(初のタイアップ)
4月21日、武道館公演の模様を収めたBlu-ray『Fujii Kaze “NAN-NAN SHOW 2020” HELP EVER HURT NEVER』をリリース。

5月3日、Honda「All-New VEZEL e:HEV」の新CMに書き下ろされた8th配信シングル「きらり」をリリース。

9月4日、日産スタジアムで無観客配信ライブ『Fujii Kaze “Free” Live 2021』を実施。同公演で披露された「燃えよ」が同日9th配信シングルとしてリリース。

藤井風とB’zの関係

稲葉はB’zの公式ファンクラブ「B’z PARTY」が発行した会報127号(2020年9月号)で、会員から寄せられた「最近お気に入りのCDもしくはレコードを教えてください。」という質問に対し、「ちょうど自粛期間中に聴き始めたのが藤井風さん。ラジオで聴いていいなと思って、それでそのままアルバムを聴いて。」と回答。コロナ禍での自粛期間中(※インタビューは2020年8月下旬に実施)にラジオで耳にしたことをきっかけにシンガーソングライター・藤井風の楽曲を聴いていることを明かした。同時点でのリリース楽曲は限られていたため、稲葉は1stアルバム『HELP EVER HURT NEVER』収録曲を聴いていたものとみられる。

一方藤井は2019年12月25日、自身のTwitterに、B’z「いつかのメリークリスマス」のピアノ弾き語り動画を投稿した。

その他

  • 藤井風は岡山県浅口郡里庄町、稲葉浩志は岡山県津山市に生まれており、二人には岡山県の地方出身だという共通項がある。また今後、岡山県出身の著名ミュージシャンとして共に両者の名前が挙がることが考えられる。
  • 藤井風は歌詞やファンとの会話の中で岡山弁を多用しているが、稲葉浩志は公の場では基本的に標準語を使用している。一方稲葉は歌詞のごく一部(ソロ楽曲「愛なき道」「O.NO.RE」など)で岡山弁を使用しており、両者は歌詞に岡山弁を使ったことのあるアーティストということになる。ちなみに稲葉は、地元の家族や友人・知人と話す時には岡山弁(津山弁)を使用している模様である。

関連の話題

B’z稲葉浩志、コロナ禍の自粛期間から藤井風を聴いていることを明かす

藤井風に関する話題はこちら

公式サイト・SNS

コメント

タイトルとURLをコピーしました