阪神・岩貞、登場曲をB’z「イチブトゼンブ」に変更し連続勝利 逆転の意味込め『ブザー・ビート』主題歌に

プロ野球・阪神タイガースの岩貞祐太投手が登場曲を3日の巨人戦からB’z「イチブトゼンブ」に変更(それまでは平井大「Dream」を使用)し、4日の巨人戦(甲子園球場)で2試合連続勝利を挙げた。

岩貞投手は今シーズン「投手キャプテン」を務め、ここまでで40試合に登板。4勝を挙げる一方で負けの数はなしで、頼れるリリーフ投手としてチームを牽引している。

MBS・金山泉アナ、岩貞登場曲の変更理由をツイート 最後で逆転するという意味もあるドラマ『ブザービート』の主題歌にした

また毎日放送の金山泉アナウンサーは5日、自身のTwitterで

関係者が本人に曲変更の理由を聞いた所「最近ビハインドの展開での登板が多いので、最後の最後で逆転するという意味もあるドラマ『ブザービート』の主題歌にした」とのこと。

金山泉アナウンサーのTwitter投稿(https://twitter.com/kanayama_izumi/status/1434418320636141579)より引用

とツイート。関係者の話として岩貞投手がビハインドシーンでの登板が多い現状を鑑みて、フジテレビ系月9ドラマ『ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜』の主題歌だったB’z「イチブトゼンブ」を登場曲にしたことを明かした。(※「ブザー・ビート」(正式には「ブザービーター」)とは、バスケットボールの用語で、試合終了のブザーが鳴るのと同時に打ったシュートが決まる事。】

コメント

タイトルとURLをコピーしました