広告

連載エッセイ#2 ”B’zとわたし” 洞内広樹(映画監督)編

広告
B'zのファンである映画監督・洞内広樹の写真連載エッセイ企画 ”B'zとわたし”
広告

悲しいとき、悔しいとき、映画で感動したとき。そういう涙ではない、「カッコよすぎて涙が止まらねぇ」というやつ。

広告

ああ、すごいわ。こんなに心って、動くんだ。燃えるんだ。高まるんだ。こんな快楽がこの世には存在するんだ。『タイタニック』観たときより、すごいかもしれない。ああ、おれ、こういうことに生きよう。おれの心をこんなに動かしてくれたように、誰かの心を動かして、火を着けて、エネルギーを胸に残すような快楽を、宝物を、おれもつくりたい。

最終曲『RUN』が終わり、B’zの2人とサポートメンバーを美しいシルエットにする1,500発の花火を眺める頃、僕はこう心に誓っていました。

2018/9/23(SUN) 19:59

広告

B’zのように心に火をつけるような瞬間を作り出したいと、ねがいながら生きてきました。

14歳で初めてつくった映画のエンディングテーマは『さまよえる蒼い弾丸』だったし、就活のとき気合を入れるために聴いていたのは『ALL-OUT ATTACK』だったし、なにより『RED』が全編に流れるTVCMの監督をすることもできました。自分の結婚式の退場曲はもちろん『RUN』でした。

広告

僕が10歳のとき出会ったB’zは、

僕が33歳になってもまだ、全力でやっていました。

B’z LIVE-GYM  Pleasure 2018 “HINOTORI”を味スタで堪能した2日後、2018年9月23日(日)19時59分─僕はシネマート新宿という映画館の、客席ではなく、ステージの側に立っていました。

念願のオリジナル短編映画『東京彗星』をこの日、映画館で上映しました。一緒に映画をつくった仲間たちとおこなった舞台挨拶は、B’zの音楽や創作への姿勢に力をもらいながらたどり着いた、言わばLIVE-GYMのようなものでした。

広告

それから、もうすぐ3年。

計画では『東京彗星』のあとハリウッドから呼ばれて、今頃はなんか超大作を撮っているつもりだったのですが、まぁ、そううまくはいきません。

が、やめてもいません。その後も何本か、オリジナル短編映画をつくる機会をいただいています。

やめない。僕が日々映像体験をつくることをやめないでいられるのは、だってB’zがやめないから。

20周年のときの曲『いつかまたここで』の中に “うまくいかなくても やめない”という歌詞があります。

鼓舞するような派手な言葉ではなく、シンプルだけど、とても根本的で大事なことだと思います。

そして何より、B’zのお2人が実践していることだと思います。

広告

自分の中にある衝動を吐き出すようにつくる創作には、いずれ燃料が尽きる時が訪れます。

B’zはあるときから、もしかしたら最初から、そうではないように思います。

松本さんの「いいアルバムをつくり、いいツアーをやる。それ以外にない」という言葉の通り、まず快楽(Pleasure)の“生産”という行為が、先にある。

とにかく生産しつづけるという意思と決意、そして実践が、

松本さんにはあらゆる音を、

稲葉さんにはあらゆる心の機微や言葉を、

自分の外の世界から引き寄せる。

広告

そしてB’zの2人というBIG MACHINEの中で結合された言葉と音が、

爆炎のような楽曲やLIVE-GYMとなって、世界にまた吐き出されていく。

内面の衝動を燃やし尽くし、輝いて散る“花火”ではなく。

適切に設計された“燃焼機関”であるからこそ、

長く、止まらずに走り続けることができる。

広告

B’zには、90年代ですら意外にも、シングル年間1位の楽曲はありません。

一世を風靡まではしないかわりに、下火になることもない。

続けることのすごさは、続けるほど際立ちます。

2020年にして、苦難を逆手にとって5週連続個別セトリ配信ライブという挑戦をぶっ放してくれました。

「うまくいかなくても、やめない」

B’zがやめてないのに、やめるわけにはいかない。そう思います。

2021/4/XX(XXX)19:59

広告

もうちょっと、あとちょっと、やってみましょうよ。やらせてくださいよ。

稲葉さんはMCでよく、こういうことを言います。

もうちょっとで、何かに届きそうな気がする。

何かが起こりそうな気がする。だから、もうちょっとだけ。

そろそろ夢が叶う?いやいや叶わない。

B’zのケースに入れたスマホで、B’zを流しながら、今日も。

幼い僕や若い僕を奮い立たせてくれたようなエネルギーを、自分もまた生み出せるように、冗談を飛ばしながら荒野を走ろうと思っています。

ゴールはここじゃない。まだ終わりじゃない。

広告

プロフィール

洞内 広樹(ほらない ひろき)

B'zのファンである映画監督・洞内広樹の写真

映画監督/映像ディレクター

1985年5月4日生まれ。

B’zとジェームズ・キャメロンをこよなく愛する。

広告

『東京彗星』(2017)

( https://vimeo.com/229440919 )

『LAST GIRL STANDING』(2018)

( https://www.youtube.com/watch?v=Po9B-h8DTNo )

『GHOSTING』(2019)

(http://sonoshunkan.toeiad.co.jp/index.html )

『MASKAHOLIC』(2020)

(https://www.youtube.com/watch?v=a9DiJBUyj7Y )

Twitter: https://twitter.com/hirockyhorahora

note: https://note.com/hirockyhorahora

プロフィールはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました