洞内広樹(映画監督・映像ディレクター)

B'zのファンである映画監督・洞内広樹の写真B'z好き芸能人・有名人・ミュージシャン

洞内 広樹(ほらない ひろき)は、日本の映画監督、映像ディレクター。1985年5月4日生まれ。神奈川県出身。年齢36歳。法政大学国際文化学部国際文化学科卒。

来歴

CMやWEBムービーなどを監督する一方、映画監督としても短編映画を制作。2018年に『東京彗星』、2019年には、短編オムニバス映画『その瞬間、僕は泣きたくなった-CINEMA FIGHTERS project-』の内の1本として『GHOSTING』を脚本・監督。 最新作は、剛力彩芽主演の『MASKAHOLIC』。
なお、ロックユニット「B’z」とジェームズ・キャメロン(映画監督)の大ファンである。

関連する話題

連載エッセイ#2 ”B’zとわたし” 洞内広樹(映画監督)編
B’z稲葉さんのお誕生日に元サポメン・シェーンさんや芸能人らから祝福のメッセージ #稲葉浩志 #KOSHIINABA #稲葉さん

洞内 広樹(ほらない ひろき)に関する話題はこちら

公式SNS

コメント

タイトルとURLをコピーしました