B’z新アルバム特典発表で「カセットテープ」がトレンド入り 老舗メーカー「マクセル」も反応

『B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』に封入されるカセットテープのイメージ画像Highway X
画像出典:B'zの公式サイトより引用

B’zの通算22枚目のフルアルバム『Highway X』(VERMILLION RECORDS)が2022年8月10日にリリースされることが5月12日、発表され、同作品の初回生産限定盤に「カセットテープ」が封入されることが話題となった。同日、同ワードがTwitterのトレンド入りを果たした。

1966年に日本で初めてカセットテープを商品化したマクセル株式会社(当時:日立マクセル株式会社)のTwitterアカウントは同日、ORICON NEWSによる同アルバムのリリース情報を伝えるツイートを引用リツイート。その上で、「🔥カセットテープがホットワードにある理由は、もしやこちらですか🥺 おそれいりまくせる m(_ _)m #好きですBz #Bzかっこいい」と、反応した。

デジタル化が進む昨今、メンバーのアイデアによって「カセットテープ」をCDの特典にしたことは、異例のこととも言える。この報を受けてファンからは、カセットテープにまつわる過去のエピソードを語る声や、再生機器を今から探さなければならないといった声が、上がっている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました