次長課長・河本準一、稲葉浩志の実家「イナバ化粧品店」を訪れる

イナバ化粧品店を訪れた河本準一、ハロー植田の写真聖地・ゆかりの地
画像出典:イナバ化粧品店Instagram投稿より引用

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一が、B’zのヴォーカリスト・稲葉浩志の実家「イナバ化粧品店」(=岡山県津山市)を訪問した。

河本、イナバ化粧品店に自身のギャグ記したサイン寄せる 「津山の人達が暖かく迎えてくれました。」

河本準一は30日(土)と31日(日)に、市内で行われたイベント「津山国際環境映画祭」に出演。今回はそのタイミングで30日に、イナバ化粧品店を訪れたものとみられる。

河本は、イナバ化粧品店に「おめぇに喰わせるタンメンはネェ」という自身を代表するギャグを記したサインを寄贈。また、同じく吉本興業所属のお笑い芸人・ハロー植田も偶然同店を訪れたとのことで、イナバ化粧品店のInstagramやLINEでは、店主・邦子さんと二人の貴重なスリーショットが公開されている。

そして河本は同日深夜、自身のInstagramに「津山の人達が暖かく迎えてくれました。ありがとう、地元^_^」と綴り、イナバ化粧品店での写真を投稿。さらに、ハロー植田もまた自身のInstagramのストーリーズに、「今日イナバ化粧品店に行ったら、河本さんが来られました!!びっくりしました」「河本さんのサインに便乗させていただきました すみません」と綴っている。

河本準一は、岡山県津山市出身のお笑い芸人。俳優・オダギリジョー、ミュージシャン・稲葉浩志らと並び、津山市を代表する著名人の一人と称されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました