演出

演出

B’z稲葉・松本が『UNITE #01』で感染防止協力ステッカーを衣装に貼って登場

B'zのヴォーカル・稲葉浩志とギター・松本孝弘が、『B'z presents UNITE #01』大阪・横浜公演(9月18~29日、配信ライブは10月4日~10日、11日~17日)のコラボステージで、新型コロナウイルス感染症拡大防止のための任意の取り組みに協力した観客にプレゼントされたオリジナルステッカーを衣装に貼って、登場した。
演出

B’z稲葉、「Calling」で無音の観客席にマイクなし生歌声を響かせる『聞こえてますか』

B'zのヴォーカル・稲葉浩志が、コロナ禍で開催された『B'z presents UNITE #01』大阪公演で、会場・大阪城ホール全体にマイクなしの生歌声を響かせた。稲葉は「Hey!聞こえますか?聞こえてますか?」と観客に問いかけ、手で”シーッ”と軽くジェスチャーした後「wow wow wow wow」とサビのフレーズをアカペラ歌唱した。
演出

B’z、コロナ禍の「ultra soul」”ハイ!”はジャンプで 稲葉MCでレクチャー

B'zがコロナ禍で行った『B'z presents UNITE #01』で「ultra soul」を演奏し、観客に対して”ハイ!”というサビ部分のフレーズの盛り上がり方をレクチャーする部分があった。
演出

B’zはなぜ、いつ頃「短パン」を履いていたのか

世の中では、”B'zといえば「短パン」(ホットパンツ)”というイメージが、すっかり定着してしまっているように見受けられる。それではB'zはなぜ、そしてどの時期に、短パンを履いていたのだろうか?筆者がまとめた。
演出

B’z稲葉浩志は「LOVE PHANTOM」でダイブしているのか

ロックユニット「B'z」の大ヒットシングル曲「LOVE PHANTOM」は、元々1995年に開催されたベスト選曲ツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure '95 “BUZZ!!”』の演出用に作られた楽曲であり、ヴォーカル・稲葉浩志が徐々に変装してからやがてステージセット上部に移動し、またギター・松本孝弘はレーザー光線を稲葉に向けて放ち、最終的には稲葉がステージセットの高台から地面にダイブする、という演出が行われた。
タイトルとURLをコピーしました