広告

B’zの歴代サポート・REC参加ミュージシャンが2022年紅白歌合戦で活躍 安全地帯、星野源、あいみょんなどで

広告
NHKの本社のロゴ写真B'zのサポートメンバー
画像出典:筆者撮影
広告

B’zの歴代サポートメンバーやレコーディング参加ミュージシャンが、2022年の大みそかに放送された「第73回NHK紅白歌合戦」で、各アーティストのバックバンドとして出演した。

広告

あいみょん(紅組)のサポートキーボードを、山本健太(『B’z Live from AVACO STUDIO』でサポート)が務めた。

Superfly(紅組)、星野源(白組)のサポートドラムスを、玉田豊夢(B’z AL『NEW LOVE』『FRIENDS Ⅲ』『Highway X』など参加)が務めた。

安全地帯(白組)のサポートキーボードを、川村ケン(『B’z presents UNITE #01』、『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』、『B’z LIVE-GYM Pleasure 2023 -STARS-』でサポート)が務めた。

広告

MISIA(紅組)のサポートベースを、種子田健(『B’z Live from AVACO STUDIO』でサポート)が務めた。

なお「B’z」は、デビュー以来35年連続で、紅白歌合戦に出場しなかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました