B’zとGLAYの「ultra soul」コラボステージにギタリストが5人上がる異例の事態

B’zとGLAYが初共演したライブイベント『B’z presents UNITE #01』横浜公演にて、ギタリストが5人もステージに上がる異例の事態が起きた。

B’zとGLAYは、同イベントのB’zのアンコール・ステージにてB’zのヒットシングル曲「ultra soul」をコラボ演奏。そしてこの時、ステージ上のギタリストの数が5人となった。状況を整理しよう。

そもそもB’zのバンドメンバーにはギター・松本孝弘とサポートギター・大賀好修がおり、またGLAYのバンドメンバーにはギター・TAKUROHISASHIがいる。そのため両者がコラボすると、少なくとも4人のギタリストがステージに上がることになる。

しかしこの日は、もう一人のギタリストが登場した。
それは、同公演でサポートベースを務めていたYukihide “YT” Takiyamaであった。

YTは同曲で、弾いていたベースをアコースティックギターに持ち替えてプレイ。YTはギター、ベースなどが弾けるマルチプレイヤーであるため、コラボが難しいベース(GLAYにはベース・JIROがいる)ではなく、原曲にもあるアコースティックギターの音色を担当したものとみられる。

これによって、同一のステージに5人のギタリストが上がるという事態が起きたのであった。このコラボでステージに上がったメンバーは、以下の通りになる。

コラボステージに上がったB’z、GLAYのメンバー

  • 稲葉浩志(B’z、Vo.)
  • TERU(GLAY、Vo.)
  • 松本孝弘(B’z、Gt.)
  • TAKURO(GLAY、Gt.)
  • HISASHI(GLAY、Gt.)
  • 大賀好修(B’zサポート、Gt.)
  • Yukihide “YT” Takiyama(B’zサポート、Gt.)
  • JIRO(GLAY、Ba.)
  • 川村ケン(B’zサポート、Key.)
  • 青山英樹(B’zサポート、Dr.)

B’zとGLAYのメンバー計6人、B’zのサポートメンバー4人の計10人が同時にステージに上がった。

ちなみにYT本人は終演後に行ったInstagram投稿で、アコースティックギターも並んだスタンドの写真を公開。「#なぜアコギが #写ってるんでしょうねぇ #教えてあげません」と綴っていた

コメント

タイトルとURLをコピーしました