2021-01

面白い話題

B’z「兵、走る」の読み方を「へい、はしる」だと思っていた人が意外に多い事実 タレント・ベッキーも

「♪ゴールはここじゃない まだ終わりじゃない」ーこの印象的なフレーズを私たちはテレビで何度耳にしたことだろうか。そう、この楽曲は、リポビタンD ラグビー日本代表応援ソングに起用されたB'zの「兵、走る」である。そしてこの楽曲のタイトルは何と読むのか、悩んだ人も多いだろう。果たして「へい、はしる」なのか?筆者がまとめた。
面白い話題

「今年の新成人が生まれた頃のヒット曲はB’zのultra soul」ツイートが話題に リリースから20年経過

「今年の新成人が生まれた頃のヒット曲はB'zのultra soul」ーそんなツイートが、Twitterで話題になっている。確かに、B'zの31枚目のシングル曲である「ultra soul」は、未だに多くの場面で耳にする人気曲であり、この楽曲が今から約20年前の2001年3月14日にリリースされたものであるとは、にわかに信じがたいだろう。
面白い話題

B’zが中山美穂と「世界中の誰よりきっと」をデュエットしていたかもしれない秘話

「世界中の誰よりきっと」は当時、”ミポリン”の愛称で親しまれていた国民的アイドル・中山美穂と、新進気鋭のアーティスト・WANDSがコラボして生まれた名曲であるわけだが、実はこの時「WANDS」ではなく、あのロックユニット「B'z」が中山美穂とコラボしていたかもしれないーそんな驚きのエピソードがある。
エピソード

B’zは成人式の日をどう過ごしていたのか?

ロックユニット「B'z」のヴォーカル・稲葉浩志とギター・松本孝弘は、各市町村で成人式が行われる国民の祝日・「成人の日」を当時、いったいどのようにして過ごしていたのだろうか?筆者がまとめた。
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

B’z年末年始アンコール配信、ついに終了 ファンら感謝の声

ロックユニット「B'z」の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』年末年始期間アンコール配信が11日(月・祝)、終了した。アンコール配信では本公演とは異なり鑑賞チケットにお得な「5公演パック」が用意され、ファンクラブ「B’z PARTY」会員専用版特典のSpecial Interviewに未公開映像が追加されただけではなく、サウンド面での調整が行われていたことも、一部ファンの間で話題となった。
名探偵コナン

名探偵コナンOPEDが期間限定公開 B’z本人出演の画期的ムービーに注目!

読売テレビ・日本テレビ系で放送中の人気アニメ「名探偵コナン」公式YouTubeチャンネルで、歴代のオープニング&エンディング映像を期間限定公開する企画「The Best of OPED(ザ・ベスト・オブ・オープンエンド)」が実施されることが、発表されました。さらに、その中ではB'z本人の映像が使用された異例のムービーも確認することができます。
ツアー別データ

B’z BAD-CLUB-GYM

「B'z BAD-CLUB-GYM」とは、日本のロックユニット「B'z」が1989年10月14日(土)から1989年10月28日(土)にかけて全国3都市3会場で計3公演行ったツアーである。(ツアー日数は15日間だが、「B'z LIVE-GYM #001 "OFF THE LOCK"」を挟み込む形で行われた。)ライブハウス限定で、オールスタンディング形式で行われたスペシャルイベント。合計約3,000人を動員した。
ツアー別データ

B’z LIVE-GYM #00 “OFF THE LOCK”

「B'z LIVE-GYM #00 "OFF THE LOCK"」とは、日本のロックユニット「B'z」が1989年6月1日(木)から1989年6月5日(月)にかけて全国3都市3会場で計3公演行った、B'z初のツアーである。(ツアー日数は5日間。)合計3,000人を動員した。
B'zのサポートメンバー

B’z最新サポメンの2021年新年の挨拶&近況まとめ

ロックユニット「B'z」の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』に参加した最新のサポートメンバーらが、自身のSNSで2021年年初における年明けの挨拶を述べています。筆者が近況とともにまとめました。
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

B’z配信ライブ「5 ERAS」全5公演のドラムセット写真が公開される

ロックユニット「B'z」が行った無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の全5公演で田中一光、黒瀬蛙一が使用したドラムセットの写真が、楽器メーカー「パール楽器製造株式会社」のTwitterアカウントで公開されました。
タイトルとURLをコピーしました