フルーティスト・赤木りえ、B’z『LIVE FRIENDS』初参加に「イェーイ」 現時点で唯一のフルートREC参加者

フルーティストの赤木りえが19日未明、Twitterを更新。自身が『B’z presents LIVE FRIENDS』に「FRIENDS Special Band」のフルートとして参加することについて、直接コメントした。

赤木は同投稿で、「B’z コンサートに出演することになりました❣❣イェーイ💕💕」とコメント。『B’z presents LIVE FRIENDS』に出演することの喜びを、綴った。

赤木はB’z「傷心」(『FRIENDS Ⅱ』収録)に、フルートとしてレコーディング参加していた。
B’zの楽曲でのフルートの参加は、赤城の「傷心」の例が史上初で、また現時点で唯一※。
ヴォーカル・稲葉浩志は当時ファンクラブ会報誌のインタビューで、「フルートのダビングなんて初めてやったから面白かったですよ」と興味を示していた。
※『FRIENDS Ⅲ』リリース前の時点で。また、松本・稲葉のソロには他の曲のフルート参加の例もある。

そして赤木のB’zのライブへの参加も初。ライブでは参加曲「傷心」などの演奏が期待されるところだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました