広告

横国卒・眞鍋かをり、”先輩”稲葉浩志(B’z)の卒業時「進路申告」伝説に言及「絶対にウソだと思う」

横浜国立大学の看板の写真エピソード
画像出典:筆者撮影
広告

タレントの眞鍋かをりが、2022年7月20日深夜放送のTOKYO FM『TOKYO SPEAKEASY』に出演。横浜国立大学(以下、横国大)在学中に、同じく横国大出身の稲葉浩志(B’z)に関するとある噂が学内で流れていた、というエピソードを明かした。

広告

眞鍋は同番組で、同大学の先輩である俳優・加藤雅也と共演し、冒頭から横国大に関するトークを展開。その中で、同大学出身の稲葉浩志、俳優・西島秀俊らの名前が、学校のイメージアップに貢献した人物として挙げられる場面もあった。さらにその後、眞鍋が「伝説がいろいろあって、私が通っていた時、絶対にウソだと思うんですけど」とした上で、「B’zの稲葉さんが、卒業時の学部に『進路申告』みたいなのをしなきゃいけないんですよ、その進路申告に『就職先:B’z』って書いたっていう、伝説が残ってますけど」とコメント。同学校内でまことしやかにささやかれていたエピソードを、披露した。

なお事実関係を整理すると、稲葉が大学を卒業したタイミングではまだ、B’zやB’zの前身となるプロジェクトは始動していなかった。稲葉は1987年(昭和62年)3月に同大学を卒業しており、卒業後約1年間ほどは、明確な目標を持たないままアルバイトをしながら音楽活動を続けていたものとみられる。
よって、このエピソードは事実と異なると考えるのが相当だろう。

広告

このほか同番組では、加藤が稲葉と一度会ったことがあることを告白。稲葉は談笑している時に、同学内の学食のテレビで加藤がフジテレビ系『笑っていいとも!』に出演しているのを観たことがあると述べたという。

またこの後に、B’zのライブを観覧したことがあるという眞鍋は、「ここで(横国大の)先輩の曲を聴きましょう」と述べ、B’zの新曲「SLEEPLESS」(8月10日発売AL『Highway X』収録)をオンエアした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました