ZARD、全楽曲サブスク解禁 B’zサポートミュージシャンのプレイリストも公開

人気音楽グループ「ZARD」の全389曲(バージョン違い含む)が15日、各音楽サブスクリプションサービスで解禁された。

今回解禁されるのは、「負けないで」「マイ フレンド」「Don’t you see!」などを含むシングル45作品に、オリジナルアルバム11作品、ベストアルバム・セレクションアルバム9作品など。

ZARDは今年2月10日にデビュー30周年を迎えていた。なお2022年2月には、大阪・東京で30周年を締めくくる集大成の有観客ライブ『ZARD “What a beautiful memory ~軌跡~”』を開催する。

配信先一覧

Apple Music
・ Spotify
・ LINE MUSIC
・ AWA
YouTube Music
・ KKBOX
RecMusic
dヒッツ
・ うたパス

ZARDをリスクペクトするアーティストらによるプレイリスト公開も

さらにサブスク解禁に合わせて、Apple Music、Spotify、LINE MUSICでは、ZARDの楽曲の作家陣やライブのバンドメンバーによるプレイリスト、そしてZARDをリスクペクトするアーティストらによるプレイリストが順次公開。

これによって、ロックユニット「B’z」のサポートミュージシャンも務めた大賀好修(Gt.)、大田紳一郎(Gt.&Cho.)、徳永暁人(Ba.)のプレイリストや稲葉のサポートを務めた麻井寛史(Ba.)のプレイリスト、その他B’zにもゆかりのある大黒摩季、倉木麻衣、DAIGO(BREAKERZ)らのプレイリストも公開される。

また『ZARD “What a beautiful memory ~軌跡~”』に大賀、大田、麻井はバンドメンバーとして、大黒、徳永はゲストアーティストとして出演する。

プレイリスト公開スケジュール(敬称略・五十音順)

15日 麻井寛史、大賀好修、大楠雄蔵、大田紳一郎、大野愛果、車谷啓介、徳永暁人
16日 大黒摩季
17日 木全翔也(JO1)
18日 倉木麻衣
19日 SARD UNDERGROUND
20日 DAIGO(BREAKERZ)
21日 マーティ・フリードマン

ZARDとB’zは同じ「ビーイング」所属アーティスト 過去に松本と坂井が共演も

ZARDとB’zは同じ音楽制作会社「ビーイング」所属のアーティスト。B’zのギタリスト・松本孝弘の邦楽カバーアルバム『THE HIT PARADE』(2003)では「TAK MATSUMOTO featuring ZARD 異邦人」で共演を果たした。(同曲は現時点ではサブスクで配信されていない。)
またヴォーカル・坂井泉水は、松本がかつてパーソナリティを務めていたラジオ番組『BEAT ZONE』に過去2回出演したことがある。

コメント

タイトルとURLをコピーしました