TERU

TERU(てる)とは、日本のミュージシャン。ヴォーカリスト、シンガーソングライター、作曲家、作詞家。ロックバンド「GLAY」のメンバー。1971年6月8日生まれ、北海道函館市出身。年齢50歳。ロックユニット「B’z」をリスペクトしている。

B’zとの関係

GLAYとしてデビューする前から、B’zの音楽を聴いていた。

GLAYがデビューした当時、映像作品『”BUZZ!!” THE MOVIE』を観たGLAYのギター・TAKUROはB’zのライブをTERUに見せたいと画策し、TERUに会場が武道館であることを黙って連れ出し、『B’z LIVE-GYM ’96 “Spirit LOOSE”』武道館公演を観賞させた。この時TERUは、B’zによるMCまで会場が武道館であることに気付かなかったという。

2003年1月5日放送のラジオ番組『GLAY RADIO COMMUNICATION』で、TERUは同年の目標について「今年は稲葉(浩志)さんみたいな身体を作りたいね。」「贅肉のないかっこいい身体を作っていきたいと思います。」などと宣言。これを受けてTAKUROから、”美川憲一さんプロデュース(当時放送されていたバラエティ番組の企画)の…””(同年のツアーの衣装は)レッチリのフリーみたいにブリーフ一枚か、アマレスの…”などと冗談を交えて、『TERU稲葉化計画』が提案された。

2010年3月開催の『B’z LIVE-GYM 2010 “Ain’t No Magic”』東京ドーム公演を、GLAYのメンバー全員で鑑賞した。

2011年2月14日、Twitterでファンから松本孝弘がグラミー賞を受賞したことをシェアされると、「マジですか?すっげ〜〜〜!!!」「(すごい!皆でお祝いしなくちゃ!!という引用RTに)だね〜!!!」とコメントした。

2011年9月25日に日本武道館で行われた『テレビ朝日ドリームフェスティバル2011』でGLAYとB’zが同日のステージにラインナップされ、TERUとB’zが初めて同一のステージに立った。
TERUはMCで、「みなさんB’zを観に来られていると思うんですけど」と語ったといい、このことについてファンクラブ会報誌で問われると稲葉は「何だそれ?(笑)」、松本は「そんなこと言ってたの?(笑)僕ら観に行ったけど、オープニングだけ観ただけだったからね。自分達の準備もあったし。」と反応した。

2012年9月27日、Twitterで「2日前、松本さんとサンタモニカでご飯しましたよ!音楽論議、兄貴にたくさん教えてもらいました!最高に尊敬する兄貴です!全米ツアー楽しみですね〜!」とツイートし、松本孝弘と米・サンタモニカで食事をして音楽の話をしたことを明かした。

2016年1月27日に音楽ナタリーで公開されたインタビューで、日頃パフォーマンスする上で意識していることを問われ、「例えばB’zの稲葉(浩志)さんみたいにバーッと走りながら歌うにはそれなりに体を作らなきゃいけない。それは先輩アーティストの活躍を見て感じるね。」「稲葉さんがモニタースピーカーからジャンプしてるのをみてカッコいいなあと思って、次のツアーで採り入れさせてもらった(笑)。会場が大きくなればなるほど、スケールの大きい動きをしたいと思ってて。いろいろ勉強してるよ。」などとコメントした。

2021年9月28日・29日開催の『B’z presents UNITE #01』で、GLAYのヴォーカルとしてB’zと初めて共演する。

関連の話題

SPYAIR・IKE、MOMIKENがB’z×GLAY「UNITE」公演観覧か
GLAY・TERU、B’zと初共演でTAKUROと言葉を交わし「感情がぐっと込み上げました」
GLAY・TERU、B’z×ミスチル大阪公演に「参加した方々の感染防止対策が素晴らしかったと聞きました」
GLAY・TERUとTAKUROの天然&感動エピソード B’zの武道館コンサートに極秘で連れていき…
GLAY・HISASHI 、TERUらもB’z「UNITE」開催にコメント「B’zパイセンと対バンだー!」

TERUに関する話題はこちら

公式サイト・SNS

コメント

タイトルとURLをコピーしました