蔦谷好位置

広告
SING/シング:ネクストステージ

蔦谷好位置、『SING/シング:ネクストステージ』を観賞し喜び「お客さん満員でとても嬉しかった」

アニメ映画『SING/シング:ネクストステージ』(18日公開、配給:東宝東和)で日本語吹き替え版音楽プロデューサーを担当した蔦谷好位置が、18日から22日にかけて自身のSNSを更新。同映画が公開されたことを報告し、また自身もこれを観賞したことを明かした。
SING/シング:ネクストステージ

稲葉浩志「自分の声で伝えられる可能性がまだあったのかと思えて、うれしかった」声優”指名”の蔦屋P感動

映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹き替え版(18日公開、配給:東宝東和)で音楽プロデューサーを務めた蔦谷好位置と日本語歌詞監修を担当したいしわたり淳治が、音楽メディア「ナタリー」のインタビュー記事(14日付)に登場。その中で蔦屋が、伝説のミュージシャン・クレイ・キャロウェイ役の声優を務めた稲葉浩志(B'z)のとある発言について、言及した。
SING/シング:ネクストステージ

【SING】蔦谷好位置、稲葉浩志へのディレクションに「栄光の極み」「謙虚に一生懸命やっていただいた」

映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹き替え版(18日公開、配給:東宝東和)の公開記念LIVEイベントが10日に都内で開催され、その中で、同作で音楽プロデューサーを務めた蔦谷好位置が、伝説のミュージシャン・クレイ・キャロウェイ役を務めた稲葉浩志(B'z)にディレクションをしたことについて、言及した。
SING/シング:ネクストステージ

蔦谷好位置がB’z稲葉の映画『SING』吹き替え出演に歓喜「かっこよすぎた」

3日放送の日本テレビ系『スッキリ』のコーナー「クイズッス」で、同日に米アニメ映画『SING/シング:ネクストステージ』の日本語吹き替え版(18日公開、配給:東宝東和)で伝説のミュージシャン・クレイ・キャロウェイ役を務めることが発表された人物が誰なのかがクイズにされ、これにスタジオ出演者の"みちょぱ"こと池田美優が稲葉浩志(B'z)と回答し、正解する場面があった。
ミュージシャン・関係者

音楽プロデューサー・蔦谷好位置、関ジャムでB’z「LOVE PHANTOM」のモノマネ披露

音楽プロデューサー・作曲家の蔦谷好位置が、14日放送のテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』に出演。B'z「LOVE PHANTOM」のモノマネを披露する場面があった。蔦谷は番組内で、カラオケで「B'z歌いますよ。」と宣言。これにスタジオから拍手が沸き起こると、続けて「我慢できなぁ~い♪」と「LOVE PHANTOM」の歌マネを披露した。
広告
\この記事をシェアする/
\SNSをフォローする/
タイトルとURLをコピーしました