B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1〜5

広告
B'z

B’zのサブスク解禁を複数のスポーツ紙が紙面で報道 「ファンの声に応えて」

ロックユニット「B'z」が全楽曲(過去33年間のソロ含む※一部除く 計880曲)をサブスクリプションストリーミングサービスで解禁したニュースを、複数の大手スポーツ紙が紙面にて報じた。各紙の情報を総合すると、B'zがサブスク解禁を行った理由は「いつでもどこでも楽しめるサブスクを解禁してほしい」というファンの声に応えたからであるということ。
広告
テレビ番組で取り上げられた話題

『バズリズム02』でB’z配信ライブが紹介 ゲスト・中村倫也は「LOVE PHANTOM」の珍エピソード披露

7日深夜放送の日本テレビ系音楽番組『バズリズム02』では、「この配信ライブがスゴイ!2021」と銘打たれた特別企画が実施。スタジオゲストに俳優・中村倫也が迎えられ、B'zなどの豪華アーティストの配信ライブ映像が、紹介された。また中村は、実家でよくB'zの音楽が流れており、ヒットシングル曲「LOVE PHANTOM」を聴きながらうたた寝した、というエピソードを語った。
イナバ化粧品店

B’z配信ライブメンバー全員のサイン入りドラムヘッドがイナバ化粧品店に寄贈

B'zのヴォーカル・稲葉浩志の実家で母・邦子さんが経営する「イナバ化粧品店」(=岡山県津山市)に、B'zの無観客配信ライブ『B'z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-』に出演したバンドメンバー全員のサインが入ったドラムヘッドが贈られたことが、明らかとなった。
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

「無観客ライブは無観客じゃない」「バンドだって窒息するわけですから」B’z稲葉浩志、感動MCを披露

B'zのヴォーカル・稲葉浩志が、無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5』(2020年11月28日開催)のステージMCで、全5日間にわたる公演を総括し、時折直接的な表現を用いて、ファンに感謝の意を伝えた。
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

B’z「イチブトゼンブ」イントロに「名探偵コナン メイン・テーマ」 ファンから”ツッコミ”も

B'zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4』(2020年11月開催)で、ヒットシングル曲「イチブトゼンブ」の演奏時に、イントロ部分にキーボードで「名探偵コナン メイン・テーマ」のフレーズが差し込まれる場面が見られた。
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

B’zの無観客配信ライブ、出演者・スタッフに感染者ゼロで終了

昨年10月~11月に行われたロックユニット「B'z」の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』が、出演者・スタッフの中に新型コロナウイルス感染者を出さずに終了したことが、明らかとなった。
B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820-

B’zの配信ライブは「手巻き寿司」「ピザ」を食べながら観る?稲葉浩志の変わったMCが話題に

無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の本編MCでは、B'zのヴォーカル・稲葉浩志がファンの視聴状況について、Day1公演で「ハロウィン」、Day2公演で「道端で」、Day3公演で「手巻き寿司」、Day4公演で「ピザ」というワードを用い、自身の変わった見立てを述べた。そしてこのことが、Twitterなどで話題となった。
増田隆宣

Key.増田隆宣、B’zの曲でレッスンの日々に「昨年の5ERASが自分のいいリハビリに」

キーボディストの増田隆宣が、自身のTwitterを更新。自らが音楽講師を務め経営を行っている「T-Music Yokohama」(=横浜市都筑区)でB'zの楽曲を用いてレッスンを行っており、昨年開催の無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』で自身が合計80曲近くもの楽曲を演奏したことが「自分のいいリハビリに」なっていると明かした。
広告
タイトルとURLをコピーしました