B’zのサブスク解禁を複数のスポーツ紙が紙面で報道 「ファンの声に応えて」

B'zのサブスク解禁を報じる各スポーツ新聞B'zの話題

ロックユニット「B’z」が全楽曲(過去33年間のソロ含む※一部除く 計880曲)をサブスクリプションストリーミングサービスで解禁したニュースを、複数の大手スポーツ紙が紙面にて報じた。

B’zサブスク解禁の理由は「ファンの声に応えて」 各紙がバンド経歴やディスコグラフィを交え掲載

各紙の情報を総合すると、B’zは2020年4月に楽曲「HOME」のリモートセッション動画を公開したり同年10月~11月に無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』を実施したりするといったコロナ禍での1年間の活動を通し、「いつでもどこでも楽しめるサブスクを解禁してほしい」というファンの声に応えてサブスク解禁に舵を切ったとのこと。またスポーツニッポンの記事によると、関係者は「緊急事態宣言の延長も取り沙汰される中、感染拡大の防止には一人一人の自粛が大切。巣ごもりに疲弊しないよう、B’zの名曲を”応援歌”にしてもらい、一丸で収束に向かっていければ」と話しているという。

掲載紙一覧(全国紙)

  • スポーツニッポン
  • スポーツ報知
  • 日刊スポーツ

その他の主な地方掲載紙一覧

  • 中日スポーツ
  • 東京中日スポーツ
  • デイリースポーツ

など

コメント

タイトルとURLをコピーしました