稲葉浩志『en-Zepp』日替わり曲セトリ一覧はこちら

稲葉浩志(B’z)著書・写真集「シアン」宣材は所沢・角川武蔵野ミュージアムで撮影

スポンサーリンク
角川武蔵野ミュージアムの本棚劇場で撮影されたとみられる稲葉浩志「シアン」の宣材写真のキャプチャ画像 シアン
画像出典:B'z公式Twitterの投稿より引用

稲葉浩志(B’z)の著書・作品集「シアン」リリースのニュースに際して2022年12月19日にカドカワストアの特設サイトやB’zの公式SNSで公開された宣材写真は、埼玉県所沢市の角川武蔵野ミュージアムで撮影されたものとみられる。

スポンサーリンク

同写真で、稲葉は巨大な本棚に囲まれて椅子に座っており、奥から閃光が差し込んでいる。角川武蔵野ミュージアムの公式Twitterアカウントは同19日、B’zの投稿をリツイートしている。

[編集後記]

当記事公開後の19日夕方には、角川武蔵野ミュージアムの公式Twitterアカウントが、「シアン」の撮影の一部が、角川武蔵野ミュージアムの「本棚劇場」で行われたと正式に伝えた。

角川武蔵野ミュージアム(複合施設「ところざわサクラタウン」内に、2020年11月6日にグランドオープン)とは、設計を隈研吾が担当した、地上5階建ての複合文化施設・社会教育施設。稲葉が撮影を行ったのは同施設の4階・5階部分にある「本棚劇場」だ。「本棚劇場」は、高さ約8mで約3万冊の本を収納しており、YOASOBIが2020年12月31日放送のNHK「第71回NHK紅白歌合戦」で「夜に駆ける」のパフォーマンスを行ったことなどで知られる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました