TwitterはこちらLINEはこちら

ドラムス・田中一光、B’z配信ライブで全62曲完走!代役も務め”MVP”に推す声も

田中一光がTwitterに公開したB'z配信ライブ仕様のマスクの写真田中一光
画像出典:田中一光のTwitter投稿

(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

2020年10月から11月にかけて行われたB’zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』にサポートメンバーとして出演したドラマー・田中一光は、同ライブの「Day1」「Day2」「Day4」「Day5」公演で、全62曲を演奏。「Day4」では代役も務め、大きな活躍を見せました。

ドラムス・田中一光、B’z配信ライブで代役も務め全62曲完走!「様々な思いを巡らす貴重な時間となりました」

ドラマー・田中一光は、自らが出演した『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の最終公演の配信が終了した翌々日の今月1日(火)、自身のTwitterを更新。

B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820 無事終了しました。様々な思いを巡らす貴重な時間となりました。また沢山のみなさんからのメッセージありがとうございました!

と綴り、配信ライブが無事終演したことを報告し、同ライブを振り返るとともに、ファンから応援メッセージが送られたことに対する感謝の意を述べました。また同投稿では、バンドメンバーに配布されたと思われる、マスクの写真も公開されています。

田中は、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』の「Day1」「Day2」「Day4」「Day5」にサポートメンバーとして出演。「Day4」公演では、出演を予定していたドラムス・黒瀬蛙一の代役を務め上げ、全4公演で、合計62曲を演奏することとなりました。

「Day4」公演でも安定感抜群のプレイ プロの仕事果たし”MVP”に推す声も

また、急遽出演が決定したと思われる「Day4」公演でも、田中一光は安定感溢れるプレイを披露。
公演中、交代について何も言及することなく、2004年から2010年にリリースされたB’zの楽曲・全15曲を演奏し切りました。

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4』のセットリストはこちら

このパフォーマンスを見たファンからは、インターネット上で「これがプロのドラマーなんだな…何日で仕上げたのかわからないけどすごすぎる」「短期間で15曲完璧にしてくるとか、プロ…」などの絶賛の声が殺到。

さらに、”5 ERAS”全公演が終了した後に寄せられた、全体を振り返るファンの声の中でも、「MVPは田中一光さん」「私の中で、今回のLIVEのMVPは、一光さんです」「間違いなくMVPは田中一光さん」といった、田中一光を”MVP”に推す声が、複数挙がっています。

田中一光のプロフィールはこちら

Twitterではすでに、自身の担当するレッスン、次回出演公演のリハーサルを行ったことを明かしている、田中一光。その淡々とした働きぶりは、まさに“プロフェッショナル”さそのものである、と言えそうです。

コメント

▼「B'z 超まとめ速報」の最新記事を今すぐチェック!
ロックユニット「B'z」に関連する最新情報をリアルタイムで更新中! 月間50万回~100万回閲覧されるB'z専門音楽メディア「B'z 超まとめ速報」を今すぐチェック!
タイトルとURLをコピーしました