YouTubeチャンネル登録はこちら >
TwitterはこちらLINEはこちら
聖地・ゆかりの地

ハードロックカフェ大阪展示のB’z松本サイン入りギターはどうなるのか

「ハードロックカフェ 大阪」の店内に展示された松本孝弘のシグネイチャーモデル・ギター聖地・ゆかりの地
画像出典:ハードロックカフェ公式サイトより

(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

アメリカンレストラン「ハードロックカフェ 大阪」(大阪市中央区)が、新型コロナウイルスなどの影響により、2021年1月31日(日)で閉店し、約29年間の歴史に幕を下ろす
同店は、日本として史上初めてB’zのギタリスト・松本孝弘のシグネイチャーモデルのギターが展示されていることでも知られているが、このギターは閉店後、どうなるのだろうか?

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報 管理人@はやみん

はやみんは、ロックユニット「B'z」のことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

下記ボタンから簡単登録可!更新通知が便利!

「ハードロックカフェ 大阪」にはB’z松本孝弘のギター、TMGのサインが展示

「ハードロックカフェ 大阪」には、2002年2月、B’zのギタリスト・松本孝弘が、自身のサインが入ったシグネイチャーモデルのギター「Gibson Custom Tak Matsumoto Les Paul Canary Yellow」を日本人として初めて寄贈。

またさらに、2004年8月には、松本が結成した日米ミュージシャンのコラボによるHR/HMバンド「TMG」のメンバー・エリック・マーティン、ジャック・ブレイズ、クリス・フレイジャーらがツアー中に来店し、松本と共に記したサインを、同店に2つ寄せた。

これらの貴重なアイテムは、その後店内に展示。
来店したファンらは洋楽やB’zの楽曲を視聴し飲食を楽しみつつ、これらのアイテムもじっくりと堪能することができたという。

他のハードロックカフェ店舗に展示されるかは未定 本社通じてB’zサイドに返却か

「ハードロックカフェ 大阪」の店内に展示された松本孝弘のシグネイチャーモデル・ギター
松本孝弘が寄贈したギター 画像出典:ハードロックカフェ公式サイトより

新聞社の取材などによると、今のところ、他の大阪に所在する店舗「ハードロックカフェ ユニバーサル・シティウォーク大阪店」などに松本のギターが展示されるかどうかは、未定ということ。

また、同店店主などに話を聞いた複数のファンの証言をまとめると、ギターは店舗に寄贈されたものであり、原則店舗間での移動は考えにくく、本社を通じてB’zの所属事務所・本人に返却する可能性が高い、ということである。

「ハードロックカフェ 大阪」の閉店を知ったファンらは、発表後、多く同店に足を運んでいる模様だ。

ハードロックカフェ 大阪
地図
住所大阪市中央区南本町3-6-14 イトゥビル1階
電話番号06-6120-5711
営業時間※政府からの緊急事態宣言発令に伴う、営業時間短縮要請を受け、営業時間を下記のとおり変更させていただきます。
◆期間 2021年1月14日(木)~
◆変更営業時間 11:30~20:00 (LO 19:30)
※酒類の提供は19:00とさせて頂きます。
※テイクアウト、デリバリーは19:30まで対応致します。
なお、営業時間は、予告なく変更される場合がございます。予めご了承下さい。
※ 通常営業時間
月曜~木曜、土曜・日曜・祝日 11:30~23:00 (Last Order 22:00)
金曜 11:30~24:00 (Last Order 23:00)
営業日2021年1月31日(日)まで

■「ハードロックカフェ 大阪」公式サイトはこちら>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました