広告

B’z松本孝弘とYTの出会いの場は氷室宅の「ハロウィンパーティー」 “スラッシュ”仮装秘話明かされる

桃井かおりが投稿したB'z松本孝弘、X JAPAN YOSHIKIらL.A.在住芸能人の写真B'z presents LIVE FRIENDS
画像出典:桃井かおりのInstagram投稿より引用
広告

配信ライブ『B’z presents LIVE FRIENDS』(12月24日20時~1月3日実施、有観客公演=11月16・17日、東京ガーデンシアター開催)で、本編終了後にB’z PARTYチャンネル限定の特典映像が配信され、各バンドメンバーのインタビュー映像が公開。その中で、B’zのアレンジャーやサポートメンバーを務めているミュージシャンのYukihide “YT” Takiyamaが、ギター・松本孝弘との出会いを語った。

広告

YTとB’z松本孝弘の出会いはヴォーカリスト・氷室京介の紹介によって実現したのであったが、今回、その場面の詳細が語られた。両者曰く、二人は、氷室宅で行われたハロウィンパーティーの場で出会ったという。YTは同インタビューで、「(松本が)ハロウィンの時にスラッシュ(米ロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」のギタリスト)の仮装をしてはったんですよ。スラッシュになってこういう(縦長の)帽子被ってこういう(大きな)眼鏡かけてはって最初松本さんやって気付かんかったんですよ。ほんであの、氷室さんに紹介して頂いて、”えぇぇぇぇ~”みたいになった印象なんですけども。」と語った。

これについて松本は、「そうそうスラッシュのね、なんかアメリカだとスラッシュの仮装セットとか売ってるんですよ。ハットと、それとカーリーも。あとはサングラス掛ければいいじゃないですか。」とコメント。またYTは、「僕は『ウォーリーを探せ!』ってあるでしょ。あれのウォーリー。ここ(胸元)を赤・白で、白いシャツに赤いテープをバーッて巻いて、こういう(帽子を被って)眼鏡かけて。ウォーリーとスラッシュが対面してました(笑)」と語り、両者が共に仮装した状態で初めて会ったという秘話を明かした。さらにYTは、「すごく丁寧に僕が質問したことに答えてくれはって。全然印象と違う方だなという印象なんですけど。」と、松本と会った際の第一印象を語っている。

広告

YTは、紹介の後松本と何度か食事を重ねてアレンジや打ち込みのスキルを確認された上で、松本の工藤静香への提供曲「蜜と棘」(2017)で共同作業(作曲:松本孝弘、編曲Yukihide “YT” Takiyama)を行い、これを松本が高く評価したことがきっかけで、同年発売のシングル曲「声明」からB’zのアレンジャーを担当。以後B’zのアルバム『DINOSAUR』(2017)、『NEW LOVE』(2019)、『FRIENDS Ⅲ』(2021)や松本のアルバム『Bluesman』などでアレンジを行った。また2019年からは、B’zのライブのサポートメンバーも担当。2019年はサポートギターを務めたが、2021年はサポートベースを務めており、マルチプレイヤーぶりを見せている。さらに松本の提供曲「Another Great Day!!」(LiSA)、「Real Face(produced by 松本孝弘)」(スガ シカオ)でも共同編曲・ベース参加を行っている。

Listen on Apple Music

松本のハロウィンパーティー「スラッシュ」仮装画像は、実は桃井かおりがインスタにアップしていた

広告

ちなみに同インタビューでは松本がスラッシュの仮装をしている画像が公開されたが、これと極めて似た画像を女優の桃井かおりが2017年10月に、自身のInstagramにアップしている。
桃井は同投稿で、「これは何年か前のハロウィーンin LA #latergram #今日じゃない」とコメント。前年(2016年)以前の写真であることを、注釈として記載している。

この二つの画像を比較してみると、内容が酷似している。よって松本とYTは、この時氷室から紹介を受けて、出会ったのかもしれない。桃井の投稿した画像には、左から桃井、氷室、YOSHIKI(X JAPAN)、松本、DAITAらが写っている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました