広告

B’z、『UNITE #01』『ドリフェス』で「孤独のRunaway」を披露 曲名トレンド入りも

広告

B’zが『B’z presents UNITE #01』横浜公演(9月28日・29日横浜アリーナ、配信ライブは11日~17日実施)と『テレビ朝日ドリームフェスティバル2021』(9月23日幕張メッセ 国際展示場1・2・3ホール)で「孤独のRunaway」を演奏した。

広告

同曲は、B’zのセルフカバー曲。(安宅美春のデビュー・シングル。)
通算3枚目のミニアルバム『MARS』(1991年5月29日発売)に収録され、シングル曲以外にも関わらず、バンドの中でも人気曲の一つとなった。また今回共演したGLAYのギタリスト・TAKUROは当時アルバイトをしていた頃に同曲をラジオでよく聴いていたといい、「彼女の”Modern…”」(3rd SINGLE、1994年11月16日発売)で歌詞の一部を拝借したという。(同曲は同公演のGLAYのステージにて、GLAYとB’zでコラボ演奏された。)

同曲がB’zのライブで披露されるのは、2018年2月4日開催の『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』京セラドーム大阪公演以来、約3年7ヶ月ぶり。

ちなみに『テレビ朝日ドリームフェスティバル2021』ではレア楽曲の披露ということもあり、曲名がTwitterのトレンドに入った。また『B’z presents UNITE #01』横浜公演の配信ライブ中にも、「孤独のRunaway」がトレンド入りを果たしている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました