B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5 セットリスト
B'zの話題

B’zライブ動画公開に歴代サポートメンバーが次々とコメント

B'zの話題
(文/「B’z 超まとめ速報」@bz_takkoshicom管理人@はやみん)

B’zが過去にリリースしたビデオクリップ・ライブ映像全23作品をYouTubeにおいて期間限定で無料公開した企画『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』に対して、作品に出演しているB’zの歴代のツアーサポートメンバーたちが次々と反応を示しています。

この記事を書いた人
B'z 超まとめ速報

はやみんは、B'zのことを15年以上にわたって研究しているB'zの専門家。ロジカルで本質的な分析・論説を得意とする。「B'z 超まとめ速報」の著者/筆者・管理人。

「B'z 超まとめ速報」をフォローする

B’zライブ動画公開に歴代サポートメンバーが次々とコメント

B’zが過去にリリースしたビデオクリップ・ライブ映像全23作品をYouTubeにおいて期間限定で無料公開した企画『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』に対して、作品に出演しているB’zの歴代のツアーサポートメンバーたちがSNSで次々と反応を示しています。

ロックユニット「B’z」は13日(月)、自宅でも無料でライブ映像などを楽しむことができる企画『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』を発表。同日よりこのトピックが各方面で取り上げられており、これが世の中で大きな反響を呼んでいるところです。

そしてこの企画について、これまでB’zのライブを支えてきた様々なサポートメンバーらがSNSで次々とコメントを発表。
そこで今回は、各サポートメンバーの、B’zによる企画『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』への反応について、まとめさせていただきました。宜しければ是非ご覧ください。(今後新たに反応があった場合には、追記させていただきます。)

明石昌夫(ベーシスト)

1989年から1997年までB’zのツアーサポートベーシストを担当。またB’zのデビュー当時からアレンジャーも務めており、”第三のB’z”とも言われる。

『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』への反応

13日(月)、『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』について自身のTwitterで、「なんだかB’zのオフィシャル映像が期間限定で開放されてるらしいです🎥古い方の4作品に僕が映ってます😆外出自粛のお時間に💁‍♂️」などとコメント。(正式には5作品、後に訂正)自身も複数の作品に出演している同企画を、ファンに対して紹介しています。

明石昌夫が出演している映像作品

  • 『FILM RISKY』
  • 『JUST ANOTHER LIFE』
  • 『LIVE RIPPER』
  • 『“BUZZ!!” THE MOVIE』
  • 『B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure ~Typhoon No.20~』

現在の活動

洗足学園音楽大学で教壇に立っているほか、自身のライブ活動も定期的に行っている。

増田隆宣(キーボディスト)

1992年から1997年、また1999年から2018年まで、約26年間B’zのツアーサポートキーボディストを担当。自身の持ち味であるロックテイストのハモンドオルガンで、B’zの骨太なライブサウンドを長年にわたって支えた。

『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』への反応

14日(火)、『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』について自身のTwitterで「B’zサポートメンバーとしての27年間は、浜田麻里さんとの歩みと共に、自分の音楽人生のほぼすべてと言っても過言でない素晴らしいものでした。このたびの彼らのご厚意により、B’zと共に自分の軌跡をも沢山の人にご覧いただけること、とても嬉しく思っています。僕の32〜57歳までを一挙ご覧ください😅」とコメント。企画の実現について喜びの気持ちを表すとともに、B’zのサポートメンバーとして過ごした期間について、並々ならぬ想いを述べています。

増田隆宣が出演している映像作品

  • 『LIVE RIPPER』
  • 『“BUZZ!!” THE MOVIE』
  • 『The true meaning of “Brotherhood” ?』
  • 『once upon a time in 横浜 ~B’z LIVE-GYM ’99 “Brotherhood”~』
  • 『B’z LIVE-GYM 2001 -ELEVEN-』
  • 『a BEAUTIFUL REEL. B’z LIVE-GYM 2002 GREEN ~GO★FIGHT★WIN~』
  • 『Typhoon No.15 ~B’z LIVE-GYM The Final Pleasure “IT’S SHOWTIME!!” in 渚園~』
  • 『B’z LIVE-GYM 2005 -CIRCLE OF ROCK-』
  • 『B’z LIVE-GYM 2006 “MONSTER’S GARAGE”』
  • 『B’z LIVE in なんば』
  • 『B’z SHOWCASE 2007 -19- at Zepp Tokyo』
  • 『B’z LIVE-GYM 2008 -ACTION-』
  • 『B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure ~Typhoon No.20~』
  • 『B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』
  • 『B’z LIVE-GYM 2010 “Ain’t No Magic” at TOKYO DOME』
  • 『B’z LIVE-GYM 2011 -C’mon-』
  • 『B’z LIVE-GYM Pleasure 2013 ENDLESS SUMMER -XXV BEST-』
  • 『B’z LIVE-GYM 2015 -EPIC NIGHT-」
  • 『B’z LIVE-GYM 2017-2018 “LIVE DINOSAUR”』
  • 『B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-』

現在の活動

自身の経営する音楽スクール「T-Music Yokohama」で講師として活躍しているほか、ライブ活動も随時行っている。

満園庄太郎(ベーシスト)

1999年から2001年までB’zのツアーサポートベーシストを務めた。アルバム『Brotherhood』『ELEVEN』などのレコーディングにも参加。ハードなプレイスタイルが特徴的。

『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』への反応

18日(土)、自身のTwitterでファンからのツイートを引用する形で、出演した『once upon a time in 横浜 ~B’z LIVE-GYM ’99 “Brotherhood”~』について「1999年。最高の経験でした。ありがとうございます!!」とコメント。自身にとっては抜擢される格好となった同ツアーについて、好意的に、また感謝の気持ちを持って振り返っています。

満園庄太郎が出演している映像作品

  • 『The true meaning of “Brotherhood” ?』
  • 『once upon a time in 横浜 ~B’z LIVE-GYM ’99 “Brotherhood”~』
  • 『B’z LIVE-GYM 2001 -ELEVEN-』
  • 『B’z LIVE-GYM Hidden Pleasure ~Typhoon No.20~』

現在の活動

音楽学校メーザー・ハウスなどでベース講師を務めていたほか、自らも様々な形でのライブ活動を実施。また原田喧太、バンド「KATAMALI」などの音源に参加している。

Yukihide “YT” Takiyama(ギタリスト)

氷室京介からの紹介により、2017年にリリースされたシングル曲「声明」よりB’zのアレンジャーを担当し、また2019年の全国ツアー『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』などでB’zのツアーサポートギタリストを務めた。緻密なサウンドメイクに定評がある。

『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』への反応

13日(月)、自身のFacebookで「これまでのツアーも期間限定公開されてます。」とコメントし、『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』の企画をファンに紹介しています。

Yukihide “YT” Takiyamaが出演している映像作品

  • 『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』

現在の活動

自身が中心となった音楽プロジェクト『GOSPELS OF JUDAS』や、3人組バンド『DEATH DIAMOND』などで活動している。

モヒニ・デイ/Mohini Dey(ベーシスト)

2019年の全国ツアー『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』などでB’zのツアーサポートベーシストを務めた。インド出身。10歳の頃からプロのベーシストとして世界的に活躍しており、ツアーには20代前半での抜擢。フィンガーピッキングを駆使したジャズ・フュージョン系の演奏が持ち味。ちなみにB’zの女性サポートメンバーは、コーラスを除けば広本葉子以来史上2人目となる。

『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』への反応

13日(月)、自身のInstagramの「ストーリーズ」機能で「これが私の日本での4ヶ月半にわたるツアーのすべてです。B’zからの”胸いっぱいの愛”を楽しんでね」などとコメントしたほか、その後ファンから寄せられた自身の演奏に関する投稿を引用するなどしており、日本でのツアー経験を好意的に振り返っています。

View this post on Instagram

❤️Missing Japan ❤️

A post shared by Mohini Dey (@dey_bass) on

モヒニ・デイが出演している映像作品

  • 『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』

現在の活動

インドを中心に、様々なミュージシャンとセッションなどのコラボを行っている。

サム・ポマンティ/Sam Pomanti(キーボディスト)

2019年の全国ツアー『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』などでB’zのツアーサポートキーボディストを担当した。カナダ出身。演奏からコーラスまでそつなくこなす器用さや実直な人柄が評価され、ツアーには20代前半での抜擢。また日本文化に精通しており、日本語を堪能に操れる側面を持っていることも特徴である。

『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』への反応

14日(火)、自身のInstagramの「ストーリーズ」機能において、「さすがです」などとコメントしており、B’zによる画期的な企画実施に、賞賛の声を送っています。

サム・ポマンティが出演している映像作品

  • 『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』

現在の活動

稲葉浩志(B’z)とスティーヴィー・サラスのユニット「INABA/SALAS」のニューアルバム『Maximum Huavo』にレコーディング参加したほか、全国ライブツアー『INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020″』にサポートキーボディストとして参加することが決定している。なお自身の音楽プロジェクト「Kitsuna」でも活動。

今回、過去30年分のライブ映像が無料公開されたことにより、改めてその好演ぶりが際立っている歴代のB’zサポートメンバー。各メンバーがそれぞれに、数多くの人々から今注目を集めている模様です。

以上、B’zが過去にリリースしたビデオクリップ・ライブ映像全23作品をYouTubeにおいて期間限定で無料公開した企画『B’z LIVE-GYM -At Your Home-』に対して、作品に出演しているB’zの歴代のツアーサポートメンバーたちがSNSで反応を示しているニュースについてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

  1. ヒロシ より:

    次回のLIVE-GYMのメンバーも
    NEW LOVEメンバーなの?

タイトルとURLをコピーしました