広告

かが屋がB’z「LOVE PHANTOM」の長いイントロで佐藤栞里の似顔絵を…「有吉の壁」でネタ披露

かが屋の画像テレビ番組で取り上げられた話題
画像出典:賀屋壮也のTwitter投稿より引用
広告

日本テレビ系バラエティ番組「有吉の壁」(2020年6月10日放送)に、お笑いコンビ「かが屋」が出演。芸人たちがショートコントを披露する新コーナー「Kabe Eats」において、MCの有吉弘行、佐藤栞里らを前に、B’zのヒット曲「LOVE PHANTOM」のイントロを活用したネタを、披露した。

Listen on Apple Music

かが屋の二人がB’zに扮し、「LOVE PHANTOM」のイントロで佐藤栞里の似顔絵を描く “Uber B’z”

広告

かが屋は同コーナー内で、MCを務める佐藤栞里から「ロックとアートの融合!イントロ似顔絵」とキャッチフレーズの付いたネタで指名を受けると、長髪の賀屋壮也が松本孝弘(Gt.)、短髪の加賀翔が稲葉浩志(Vo.)に扮してステージに登場。
加賀は「B’zの二人が今日来させていただいたんですけど、稲葉と松本が『Kabe B’z』ということで。」と、MCの二人に対して語った。

さらに加賀は、「我々B’zの曲、イントロの長い『LOVE PHANTOM』、このイントロの間にですね、佐藤栞里さんの似顔絵をうちの松本が、実は絵が得意なのでちょっと描かせていただきまして『LOVE PHANTOM』差し上げたいと思います。」とネタの趣旨を説明。
そして「それでは早速ミュージック、スタート!」と告げると、スタジオには、B’zが1995年10月にリリースしたヒット曲「LOVE PHANTOM」のイントロが流れ始めた。

有吉弘行「これ長いんだよなイントロ」「壮大なんだよね『LOVE PHANTOM』は」「盛り上がるからねコンサートはここでもう」

広告

イントロの間、賀屋が中腰の体勢でサングラス越しに鋭い目を向けながら佐藤栞里の似顔絵を描写する一方、間を持て余す相方・加賀。独特な世界観を構築した二人に有吉は、「不思議な時間」「稲葉さんが手持ち無沙汰」と笑いながらコメントした。

また有吉は、「これ長いんだよなイントロ」「壮大なんだよね『LOVE PHANTOM』は」「盛り上がるからねコンサートはここでもう」「しかし長いですねイントロ」ともコメント。B’zのヒット曲「LOVE PHANTOM」への馴染みの深さを匂わせた。

上手な似顔絵も…「いらない何も」すぐに破り捨ててしまう

広告

そして楽曲が歌い出しに突入すると、加賀が思い切りのいい歌唱を披露し、さらに賀屋が佐藤栞里の似顔絵を描き切って提示。絵そのものは特徴を捉えたクオリティの高いものとなったが、なんと賀屋はその直後、似顔絵を破り捨てた。

この様子を見たMCの二人は笑いながら驚いた表情を見せ、佐藤は「一瞬しか見られなかった」、有吉は「なんで捨てちゃうんだよ」「似てたのになぁ」とコメント。また有吉は「なんでこんなことしちゃうんですか!」と質問し、賀屋はこれに対して「稲葉(加賀)が”いらない 何も”って言ったんで。」と答えた。

広告

なお有吉は、最後にも「しかし長いですね(B’z「LOVE PHANTOM」)やっぱりイントロ。」とコメント。他方、ネタ中ずっと手持ち無沙汰だった加賀は、このコメントに対し「ずっとドキドキしておりました。」と自身の胸の内を明かした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました