広告

桑名正博

『桑名正博 ベスト・ヒット』のジャケット画像人物
画像出典:Sony Music Shopより引用
広告

桑名正博(くわな まさひろ)とは、日本のミュージシャン。ヴォーカリスト、ギタリスト、作曲家、作詞家、俳優、タレント、実業家。1953年8月7日生まれ。2012年10月26日没。享年59歳。大阪府大阪市天王寺区出身。血液型A型。

Listen on Apple Music

来歴

広告

1830年創業・廻船問屋「桑文」(江戸時代から大阪港で回船問屋を営んでいた旧家)の7代目の跡取り息子として生まれる。しかし桑名は家柄に反発するなどして高校を中退し、1970年の大阪万博でアルバイトをした経験をきっかけに、17歳で渡米した。

その後バンド「ファニー・カンパニー」(FANNY COMPANY)を結成し、1972年に「スウィートホーム大阪」でデビュー。(1974年に解散。)
その後1975年からソロ活動を開始し、1977年には作曲家・筒美京平と出会い、筒美京平・松本隆の作曲作詞コンビで「哀愁トゥナイト」などをリリースした。しかし同年、違法薬物の使用で書類送検され、常用の証拠隠滅で逮捕。執行猶予付きの有罪判決を受けた。

広告

そして1979年、カネボウのキャンペーンCMソングとして起用されたシングル「セクシャルバイオレットNo.1」が約60万枚以上の売上を記録し、オリコンチャート1位を獲得。同曲は自身最大のヒット曲となり、桑名は音楽シーンにおいて売れっ子のロックシンガーとしての地位を確立した。

1980年、歌手・アン・ルイスと挙式し結婚。(1984年に離婚。)

広告

その後は不祥事・逮捕などがありながらもミュージシャンだけでなく俳優・タレントとしても活動し、2000年には家業を継ぐなどしたほか、各チャリティー活動などにも従事。

しかし2012年7月15日、大阪市内の自宅で心不全により倒れ意識不明の重体となり、その103日後の10月26日に大阪市内の病院で亡くなった。

B’z松本孝弘との関係

広告

音楽制作会社「ビーイング」がアルバム『六本木ノイズ』(ROPPONGI NOISE、1985年1月25日発売)のレコード制作を行っていたことがきっかけで、当時スタジオミュージシャンをしていた松本孝弘(B’z)が同アルバムのレコーディングに呼ばれ、松本と桑名は出会った。

同アルバムでは松本がギターダビングしている横に桑名が座り、「はい、もう一回!」「もっかーい…もっかーい」などと言いながらディレクションし、松本はこれをとても怖いと思ったという。
しかし桑名が松本を気に入り、松本に「ライブに来い」とオファー。松本は、『六本木ノイズ』(ROPPONGI NOISE)のツアーを廻った。

その後松本は桑名のバンドを辞め、TM NETWORK、浜田麻里らのサポートを経て1988年に「B’z」のギタリストとしてデビュー。しかし松本と桑名はその後も親交を続け、桑名は、松本がB’zとして売れたことを喜んでいたという。また二人は大阪で飲みに行くことも何度かあり、亡くなる前の最後には、大阪のバーで飲んだ。

広告

2001年には、桑名正博を中心にHEART AID名義で制作されたドイツ国際平和村支援CD「旅の途中~ドイツより愛をこめて」で、西城秀樹、河村隆一と共に、松本がギターで共演を果たしている。

桑名が逝去した際、松本は、2012年10月30日に大阪市阿倍野区の「やすらぎ天空館」で営まれた桑名の葬儀に出席した。

2014年4月30日発売のソロアルバム『New Horizon』で松本は、桑名の「月のあかり」をインストゥルメンタルとしてカバー。松本は2012年に桑名が逝去してすぐ、同曲をレコーディングしたという。(逝去の直前にアルバムレコーディングを開始していた)

広告

2021年7月14日発売の松本隆トリビュートアルバム『風街に連れてって!』で、B’zは「セクシャルバイオレットNo.1」をカバーした。なおオファーしたプロデューサー・亀田誠治は、松本が桑名のバックバンドに参加していたことを全く知らなかったという。

稲葉浩志との関係

広告

B’zのヴォーカル・稲葉浩志は桑名と2回しか会ったことがなく、かつて博多かどこかのバーで皆で飲んでいたところ、桑名が店に入ってきて「オラァ~、バイトォ!」と言われ怒られたということを、ファンクラブ会報誌のインタビューで語っている。
また「セクシャルバイオレットNo.1」の制作時にプロデューサーの亀田に対して「この曲大好きな曲で」などと語り、同曲が好きだった旨を語っていたという。

エピソード

広告
  • 松本は、桑名のライブでギターを弾いていた際にG♭のバラードでGのオブリガードを入れてしまい、桑名に「なんちゅう音出すねん、お前は~」とステージ上で怒られたことを、ファンクラブ会報誌の「今まで1番怒られたことは何ですか?」という質問を受けて挙げている。
  • リハーサルスタジオやコンサート会場でチューニングメーターでチューニングしていると、桑名がピッチが悪いと言い、「小島(良喜)のピアノに全部合わせろ」と言われていた。
  • この他にも松本は、桑名に「うるさい!」、「なんやお前、そんなはよ弾けんのに、何でブルース弾かれへんねん」(桑名はブルースギターが上手かったという)などと、松本をよく怒っていた。
  • 松本は学生時代、文化祭でも桑名の「セクシャルバイオレットNo.1」を披露したことがある。
  • 松本はかつて大阪の桑名邸に泊めてもらった際に夜トイレに立ち、迷子になったことがあるという。
  • 松本は当時もっとハードな音楽をやりたかったため、言いにくいながらも桑名に自ら電話しバンドを辞めたいと理由を含めて伝えたところ、桑名は「じゃあお前も頑張れよ」と気持ち良く送り出してくれたという。
  • 松本は桑名について音楽雑誌『WHAT’S IN?』で、「貴方に出会えなかったら今の僕はなかったでしょう。心から尊敬、感謝しています」とコメントしている。
  • 松本は桑名について、書籍『B’z ザ・クロニクル』にて、「プレイもそうだけど、人間的にも面白い人だったので、ホントにいろんなことを(教えてもらった)」とコメントしている。

関連の話題

広告
桑名正博息子・美勇士、B’zカバーに反応「コーラスで参加したかった」
B’z、松本隆トリビュート盤で「セクシャルバイオレットNo.1」カバー 16年ぶり

桑名正博に関する話題はこちら

公式サイト・SNS

広告

(文責/『超(ウルトラ)速報』@ultra_sokuho 管理人・編集長、はやみん)

人物
広告
\この記事をシェアする/
\SNSをフォローする/
広告
超(ウルトラ)速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました