音楽プロデューサー・蔦谷好位置、関ジャムでB’z「LOVE PHANTOM」のモノマネ披露

音楽プロデューサー・作曲家の蔦谷好位置が、14日放送のテレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』に出演。B’z「LOVE PHANTOM」のモノマネを披露する場面があった。

番組終盤、ゲストの緑黄色社会・長屋晴子らが他のミュージシャンとカラオケに行きたいと話し合っていた際、俳優・古田新太が「蔦谷さんのカラオケ聴きたい」と話題を振ると、蔦谷は恐縮しながらも「B’z歌いますよ。」と宣言。これにスタジオから拍手が沸き起こると、蔦谷は続けて「我慢できなぁ~い♪」と「LOVE PHANTOM」(18th SG、1995年10月11日発売)の歌マネを披露した。

実は蔦谷、B’z「LOVE PHANTOM」を過去にも”モノマネ付きで”評価していた。
2016年9月15日放送のJ-WAVE『THE HANGOUT』で、リスナーから寄せられた「蔦谷さんが思う、歌詞とメロディがマッチしている曲を教えてください」という質問に対して、「今、パッと思いついたのは、B’zの『LOVE PHANTOM』の中の『がまんできなぁーい』って部分ですね(笑)」とコメント。
さらに、自作のデモに仮歌を入れる前にルーティーンワークとして、気合いを入れるためにアカペラで同曲を歌うことを明かしていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました