広告

B’z稲葉、千秋楽公演で「山手通りに風」のタイトル決定経緯を説明

広告
山手通り(東京都道317号環状六号線 )の道路案内標識の写真B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-
画像出典:筆者撮影
広告

B’zのヴォーカル・稲葉浩志が、2022年11月27日開催の『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』千秋楽公演(横浜・ぴあアリーナMM、映画館=ライブ・ビューイング、オンライン=配信ライブ)で、「山手通りに風」(AL『Highway X』収録)のタイトル決定に関する経緯を説明する場面があった。

広告

同ツアーでは稲葉がこの風変わりなタイトルを観客に共有するのを楽しんでいる様子であり、ほとんどの公演で同曲を演奏する直前にタイトルを告げていたが、今回初めてタイトル決定の経緯が明かされた。同公演で稲葉は「タイトルが当初、『風の山手通り』とか『山手通りの風』とか色々考えたりしてたんですけど。『山手通りの風』だと”風”が主人公になって、『風の山手通り』だと”山手通り”が主人公になる…やっぱり『山手通りに風』だなと、そんな曲です。」と述べた。

ちなみに同曲の歌詞は、稲葉が実際にたまに通りで見かけるひと組の年配の男女の姿に着想を得て綴ったものであり、「男性が黙って女性の背中に手を添えていたのを見たところから勝手に膨らませて書いた歌詞」(出典:B’z PARTY・会報134号 p.023より引用)だという。

コメント

タイトルとURLをコピーしました