ライブ演出

広告
B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-

B’z広島公演でKey・川村ケンが「川村・REDゾーン・ケン」に

2022年6月26日(日)に広島グリーンアリーナ(=広島県広島市中区)で行われた『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』広島2日目公演で、サポートキーボードの川村ケンがヴォーカル・稲葉浩志に「川村・REDゾーン・ケン」と紹介される場面があった。
B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-

B’z広島公演で稲葉浩志がカープ帽を被りながらけん玉に成功 ファン歓喜

2022年6月25日(土)、26日(日)に広島グリーンアリーナ(=広島県広島市中区)で行われた『B’z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』広島公演で、ヴォーカル・稲葉浩志が曲中に「広島東洋カープ」の帽子を着用(※25日公演のみ)し、廿日市市発祥の「けん玉」をする場面があった。
B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-

B’z稲葉浩志、高崎公演で「グンマー」に ファンは着用キャップ買い求める

『B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-』高崎公演(=高崎アリーナ、群馬県高崎市)の2日目(6月18日)、3日目(6月19日)では、ヴォーカル・稲葉浩志が、クラウン部分に「グンマー」と書かれたキャップを着用。さらに3日目には、「B'zも高崎にどっぷり浸かってます。もうグンマーになりそう」とMCで述べた。
広告
B'z LIVE-GYM 2022 -Highway X-

にわかせんぺい本舗 東雲堂、B’zに感謝「稲葉さん松本さん、スタッフの皆様ありがとうございました」

株式会社東雲堂(=福岡市博多区)のTwitterアカウント「にわかせんぺい本舗 東雲堂」は2022年5月20日、ツイートで「先日のB'zさんの福岡ライブで『二○加煎餅』(にわかせんぺい)が登場したことをSNSで教えていただきました」とし、謝意を示した。博多仁和加(はかたにわか)の半面を形どったタレ目・タレ眉の外箱のデザインが特徴的な「にわかせんぺい」は、地元・福岡の銘菓として知られており、ライブ演出に使用された。
ミュージシャン・関係者

演出家・金谷かほり氏がB’zツアー稲葉ランニング演出の理由を告白

演出家・金谷かほり(かなや・かほり)氏が、24日に公開されたエン転職によるWEBコンテンツ『ぼくらの履歴書』のインタビューに登場。B'zのツアーで、ヴォーカル・稲葉浩志が会場を一周走るという演出を設けた理由について、告白した。
面白い話題

“B’zのピクトグラム”が話題に 台から大きくジャンプして…何を表している?

23日夜の東京オリンピック開会式での「オリンピックスポーツピクトグラム」のパフォーマンスが人気を集めたことで、Twitterでファンが”B'zのピクトグラム”を描写したものを投稿。yousoloさんはヴォーカル・稲葉浩志が楽曲「さまよえる蒼い弾丸」のライブ演奏時、間奏の後に無音状態から歌い出す瞬間を、ピクトグラムで表現した。
演出

B’zはなぜ、いつ頃「短パン」を履いていたのか

世の中では、”B'zといえば「短パン」(ホットパンツ)”というイメージが、すっかり定着してしまっているように見受けられる。それではB'zはなぜ、そしてどの時期に、短パンを履いていたのだろうか?筆者がまとめた。
演出

B’z稲葉浩志は「LOVE PHANTOM」でダイブしているのか

ロックユニット「B'z」の大ヒットシングル曲「LOVE PHANTOM」は、元々1995年に開催されたベスト選曲ツアー『B'z LIVE-GYM Pleasure '95 “BUZZ!!”』の演出用に作られた楽曲であり、ヴォーカル・稲葉浩志が徐々に変装してからやがてステージセット上部に移動し、またギター・松本孝弘はレーザー光線を稲葉に向けて放ち、最終的には稲葉がステージセットの高台から地面にダイブする、という演出が行われた。
広告
\この記事をシェアする/
\SNSをフォローする/
タイトルとURLをコピーしました