広告

W杯映り込みで話題、PARADOXXのドラムス・SHONO、B’z元サポメン・シェーンのスネア使用と明かす

広告
SHONOがB'z元サポメン、シェーン・ガラースのスネアを使ったと報告した投稿のキャプチャ画像B'z好き芸能人・有名人・ミュージシャン
画像出典:SHONOのInstagramのストーリーズ投稿より引用
広告

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対ドイツ戦(2022年11月23日、ハリファ国際スタジアム)でFIFA(国際サッカー連盟)の国際映像に映り込んで注目を集めている東京発ガールズバンド「PARADOXX」のドラムス・SHONOが12月3日、自身のTwitterを更新。3rdシングルのドラムレコーディングを前日に行ったことを報告し、B’z元サポートメンバー、シェーン・ガラースのシグネイチャーモデルのスネアを使用したことを明かした。

広告

SHONOは、小さい頃からB’zのファン。B’zがきっかけでドラムを始め、2006年開催の『B’z LIVE-GYM 2006 “MONSTER’S GARAGE”』以降、ライブに通い続けている。2014年5月31日には、静岡・浜松で開催された「シェーン・ガラス・ドラムセミナー」に参加したことを報告していた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました