AmazonでB'z「STARS」予約受付中!
PR

大田紳一郎(おおた しんいちろう)

スポンサーリンク
大田紳一郎のプロフィール写真 大田紳一郎
画像出典:doaの公式サイトより引用

大田紳一郎(おおた しんいちろう)とは、日本のミュージシャン。ギタリスト、ヴォーカリスト、作詞家、作曲家。3ピース・ヴォーカル・バンド「doa」のメンバー。1967年8月2日生まれ。愛媛県宇和島市吉田町出身。年齢56歳。身長180cm。血液型B型。2003年、2005年~2008年にB’zのサポートメンバー(ヴォーカル&ギター)を担当した。

プロフィール

スポンサーリンク

三人兄弟の真ん中(姉、妹の真ん中の長男)に生まれる。小学生の頃から運動が得意で水泳などに取り組む一方、詩吟を嗜んだり、地元の伝統の出し物“鹿踊り”を行ったりして何度か人前に出る機会があったという。
中学1年生の時に、バンドをしていた姉の影響でガットギターに触れ始め、音楽をスタート。
最初は雑誌『明星』や『平凡』に付いてくる歌本を見て五輪真弓の「恋人よ」などマイナー調の楽曲を弾き語っていたというが、それからすぐに、マイケル・シェンカーやレインボーなどの1970年代後半から1980年代初頭のハードロックも聴くようになった。

中学校で「サザンオールスターズ」のコピーバンドで文化祭のステージに出演しようとするも許可が下りなかったが、高校で「THE ALFEE」のコピーバンドとして念願の文化祭のステージに出演。(大田はギターを担当。)一方で水泳部での活動にも力を入れ、高校3年生の時に400mリレーでインターハイに出場できたという。

スポンサーリンク

そして当時、大田は東京に強い憧れを抱いており、音響系の裏方の仕事に就くべく、音響芸術専門学校への進学を志望。しかし、上京・入学後には、業務や指導の内容に違和感を感じ、同時期にバイト仲間に誘われたことから、リズムギターとしてジャパニーズメタルバンドに加入した。

その後メンバーが次々と辞めていき、最終的には自らが歌うことに。
そこで様々なオーディションに挑戦したがデビューが決まらず、最終的には1992年に開催されたビーイング主催の『第5回 BADオーディション』にデモテープを送ったところ、後日ビーイングから、ヴォーカルではなくギタリストとしてバンドをしないかとオファーがあったという。

スポンサーリンク

そして1993年に、シングル「どんな時でもHold Me Tight」でロックバンド「BAAD」のギタリストとしてデビュー。アニメ『スラムダンク』の主題歌に起用された「君が好きだと叫びたい」などで国内外の知名度を集めるなどしたが、BAADは1999年に解散に至った。一方その間に大田は、「T-BOLAN」や「FIELD OF VIEW」、そして「ZARD」などのビーイング所属のアーティストのコーラスレコーディングにも参加。その後はドラムス・新井康徳とロックバンド「RAD HAMMER」を結成し、ヴォーカリストとしての活動もスタートさせた。

また1998年にはB’z「さまよえる蒼い弾丸」のカップリング曲「Hi」で、B’zのレコーディングにコーラスとして初参加。その後、同曲のレコーディング当時のことを覚えていた松本・稲葉らの意向により、B’z側から高音域を歌うコーラスを探しているとのオファーがあり、オーディションに合格。2003年から、B’zのツアーサポートメンバー(ヴォーカル&ギター)となった。(2008年まで参加。)

スポンサーリンク

以後、2004年からはZARDのツアーサポートメンバーを担当。同年、稲葉浩志のサポートメンバーも務めた(徳永暁人と共にコーラスを務めた)。
一方で、徳永暁人に誘われて2004年に3ピース・ヴォーカル・バンド「doa」を結成し、現在に至るまで活動を続けている。

また、2006年からはソロ活動もスタート。”Singin’man’s”~などと銘打たれたソロライブを定期的に行っている。

2021年3月21日、初のバラエティ番組となるテレビ朝日系『パネルクイズ アタック25』に出演した。

大田紳一郎が参加したB’zのライブツアー

大田紳一郎がヴォーカル&ギターとして参加したB’zのライブツアーの一覧は、下記の通りである。

スポンサーリンク
  • B’z SHOWCASE 2003 “BIG MACHINE”
  • B’z LIVE-GYM 2003 “BIG MACHINE”
  • B’z SHOWCASE 2005 “網走番外編” 
  • B’z LIVE-GYM 2005 “CIRCLE OF ROCK”
  • B’z SHOWCASE 2006 “横須賀MONSTER”
  • B’z LIVE-GYM 2006 “MONSTER’S GARAGE”
  • B’z NETWORK LIVE in Japan
  • B’z SHOWCASE 2007 -19-
  • B’z SHOWCASE 2007 -B’z In Your Town-
  • SUMMER SONIC 07
  • B’z LIVE-GYM 2008 “ACTION”
  • B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-
  • 初参加ライブ:『B’z SHOWCASE 2003 “IT’S SHOWCASE!!”』2003年11月13日(木)CLUB CITTA’公演
  • 最終参加ライブ:『B’z LIVE-GYM Pleasure 2008 -GLORY DAYS-』2008年9月21日(日)日産スタジアム公演
スポンサーリンク

大田紳一郎は、2003年、2005年~2008年の計5年間B’zのツアーサポートメンバーを務め、合計130公演に出演した。

大田紳一郎がレコーディング参加したB’zの楽曲

大田紳一郎がコーラスとしてレコーディング参加したB’zの楽曲は、以下の通りである。

スポンサーリンク
曲名初収録作品トラック数発売日発売元規格品番
Hi24th SINGLE「さまよえる蒼い弾丸」02.1998年4月8日Rooms RECORDSBMDR-2015
OCEAN39th SINGLE「OCEAN」01.2005年8月10日VERMILLION RECORDSBMCV-4005
ALL-OUT ATTACK15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」01.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
恋のサマーセッション15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」04.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
ケムリの世界15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」05.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
衝動 ~MONSTER MiX~15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」06.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
MONSTER15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」08.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
Happy Birthday15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」10.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
明日また陽が昇るなら15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」13.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
OCEAN ~2006 MiX~15th ORIGINAL ALBUM「MONSTER」14.2006年6月28日VERMILLION RECORDSBMCV-8018
HOMETOWN BOYS’ MARCH16th ORIGINAL ALBUM「ACTION」12.2007年12月5日VERMILLION RECORDSBMCV-8019
トラベリンメンのテーマ16th ORIGINAL ALBUM「ACTION」14.2007年12月5日VERMILLION RECORDSBMCV-8019
スポンサーリンク

関連の話題

スポンサーリンク
B’z元サポ、doaの大田紳一郎がInstagramを開設
doaが独立でサイトをリニューアルオープン ツアー発表も
doa・大田紳一郎が56歳の誕生日 徳永ら祝福
doaがギザ/B ZONEを退所し独立 徳永はフリーランスとして活動
doaがデビュー19周年、徳永「愛して手を差し伸べてくださった一人一人のおかげ」

大田紳一郎のニュース一覧はこちら

B’zのサポートメンバーに関する話題

スポンサーリンク
モヒニ・デイ、2024年8月に来日公演が決定 初のビルボードライブ
シェーン・ガラースがB’z「Liar! Liar!」ドラム映像公開 津山公演のものか
ベース・清の母、B’z『STARS』ツアーの衣装に感動「他に誰が似合うの!?」
シェーン・ガラース、稲葉浩志のツアー参加で「日本に戻れるのが待ちきれない!」
ドラムス・青山「楽しみで待ちきれない」、B’z『STARS』映像作品リリース決定に

B’zのサポートメンバーのニュースはこちら

公式サイト・SNS

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました