大ちゃん庄ちゃんOCEANハプニング

B'zが公式SNSで公開したコンプリートボックス収録の「Day4」ドキュメンタリーダイジェスト映像固有名詞
画像出典:B'z公式nstagramの投稿より引用

「大ちゃん庄ちゃんOCEANハプニング」(おおちゃんしょうちゃんおーしゃんはぷにんぐ)とは、B’zの無観客配信ライブ『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5』のリハーサル中に起こった、バンドメンバー間の聞き違いによるハプニング。

経緯

『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4』のセットリストで演奏された「OCEAN」のリハーサル中に、ギター・松本孝弘が、ベースのプレイの問題点を、満園庄太郎に口頭で指摘。

具体的には松本は、ベースの入るタイミングが早すぎたことで”心が折れちゃうよ”と指摘したのだが、満園は「OCEAN」というワードを聞き間違え、ギター・大賀好修(”おーちゃん”※)のことを指摘していると勘違いしたのであった。これが、いわゆる「大ちゃん庄ちゃんOCEANハプニング」である。(※なお、それまで大賀がバンドメンバーから”おーちゃん”と呼ばれていた実績は、ない。)

このエピソードは、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day4』のMCと、『B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day5』の特典インタビューで本人たちの口から直接言及されたもの。(名称自体は、特典インタビューのテロップで表示。)満園庄太郎の天然ぶりを示すエピソードとして、『HANEDA INNOVATION CITY』の足湯で手だけ温めたエピソード、かつて札幌の人気の味噌ラーメン屋さんで「チャーハン」を注文したエピソードなどと共に、語られた。

なおこのやり取りは音声で残っているといい、ヴォーカル・稲葉浩志は、その部分だけ3回繰り返して聴き、”面白過ぎて涙が出るほど笑った”とのこと。また、インタビュアーは「何かに使えるかもしれない」、稲葉は「その音源も、いつか公開されるかもしれない」、松本は「そこインサートしといてください。そこのやり取りの音声を」とそれぞれにコメントを発しており、ファンからは、SNS上で公開を望む声が寄せられている。

また5月29日にB’zの公式SNSにアップされた、『「B’z SHOWCASE 2020 -5 ERAS 8820- Day1~5」COMPLETE BOX』収録のドキュメンタリー映像のダイジェスト版で、当該部分と思われる映像が公開されている。

コメント

タイトルとURLをコピーしました