稲葉なおと、津山市に写真を寄贈 贈呈式で稲葉浩志(B’z)がサプライズメッセージ

紀行作家で一級建築士の稲葉なおと氏が、写真展『津山 美しい建築の街』(2022年4月2日~5月8日開催)で展示していた作品計20点を、津山市に寄贈した。同展が行われていたPORT ART&DESIGN TSUYAMA(同市川崎)で9日、作品贈呈式が開催。各関係者らが出席し、谷口圭三市長がなおと氏に感謝状を渡した。作品は今後、市のPRなどに活用されるものとみられる。

式典の冒頭には、同名の写真集(4月1日発売、山陽新聞社)で序文を寄稿したB’zのヴォーカル・稲葉浩志が、サプライズでメッセージを贈ったという。なおと氏は10日、自身のInstagramでその内容を一部明かした。

この町が全国、世界に向かって胸を張れる宝を持っていることに気づかされ、今後それを保存し、次世代に伝えて行きたいという思いを強くされたのではないでしょうか、

と語りかけ、最後は、

津山という町を通じて、この先さらに多種多様な人たちの交流が始まることを想像すると、楽しみでなりません、

という言葉でしめられていました。

稲葉なおと氏のInstagram投稿(https://www.instagram.com/p/CdYkRCnB_4T/)より引用

コメント

タイトルとURLをコピーしました