稲葉浩志(B’z)とのスタジオでの秘蔵ショットをS・サラスが公開

国内で「INABA / SALAS」として活躍するアメリカ出身のギタリスト・スティーヴィー・サラス(Stevie Salas)が、ヴォーカル・稲葉浩志との秘蔵ショットを自身のInstagramで公開した。

サラスは17日、Instagramを更新し、

Not sure where this photo came from it’s not mine but I really like it. I don’t know what studio Koshi and I are in but as always we are laughing about something. InabaSalas was a project made for fun and creativity….No Rules just maximum Huavo with chubby+groove
We were to be on tour right now and i must admit I wish we were rocking the sports arenas BUT one day we shall return!
(筆者訳:この写真がどこから来たのかわからないし、自分のものでもないけど、俺は本当に気に入っているよ。コーシと俺がどのスタジオにいるのかもわかんないけど、いつものように何かについて笑ってるね。 イナバサラスは楽しさと創造性のために作られたプロジェクトだった…ルールなんてない、ただチャビーなグルーヴとでっかいタマがあるだけさ。
俺たちはツアー真っ最中でアリーナを揺らしていたらいいのになと思うことはあるけど、いつか必ず戻るからね!)

スティーヴィー・サラスのInstagram投稿(https://www.instagram.com/p/CLXyDtmHdDU)より引用

とコメント。さらに、ヴォーカル・稲葉浩志と自身が写った1枚の写真を公開した。

稲葉浩志とS・サラスのツーショットはいつどこで撮影されたのか?

この写真において稲葉とサラスは、スタジオ内で談笑している様子。それではこの写真は、いつどこで撮影されたものなのだろうか?

実はこの写真は、2016年9月頃に、カナダ・オンタリオ州のダンビルにあるRob Lamothe氏のスタジオで撮影されたものと思われる。
同氏は、2016年12月25日に同じ写真を自身のInstagramやFacebookに投稿し、この写真が数ヶ月前に撮影されたことを明かしていた。

カナダではローガン・スターツが「TROPHY」のレコーディングに参加

ちなみにこの時の制作には、カナダ出身のミュージシャン・ローガン・スターツ(Logan Staats)が参加。実はこの地を訪れてレコーディングを行ったのは、1st アルバム『CHUBBY GROOVE』収録の楽曲「TROPHY」のネイティブ・アメリカンのパーカッションとコーラスの録音のためであった。(なお同曲のレコーディングは、ロサンゼルスでロックバンド「Foo Fighters」のドラマー・テイラー・ホーキンス(Taylor Hawkins)が参加するなど、世界中で移動しながら行われている。)

ローガン・スターツは2016年9月26日に、自身のInstagramで稲葉とサラスとのスリーショットを公開している。(B’zの公式Facebookでも、この制作の時の様子が同年10月28日に公開されている。)

世界を股にかけて活動するギタリスト、スティーヴィー・サラス。それだけに、彼にとっては写真の撮影日時や場所を覚えるのも一苦労なのかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました