広告

Key.川村ケン、B’z松本孝弘ツアー中止に制作担当者と「来年の春、満員のお客さんの前で一曲目の音が無事に鳴り響いた時には」…秘話明かす

松本孝弘(Tak Matsumoto)の画像川村ケン
画像出典:B'z公式サイトより引用
広告

キーボディストの川村ケンが、自身のブログで23日、サポートメンバーとして参加予定だったB’z松本孝弘のソロツアー『Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman-』が中止となったことについて言及した。

広告

川村は『致し方なし、です。』というタイトルのブログ記事を更新し、
まず冒頭で「残念ながら、松本さんのツアーが中止になってしまいました。」「楽しみにして下さっていた皆様におかれましては、大変残念なお知らせとなってしまいますが、何卒ご了承くださいませ。」とコメント。さらに

こんなにも光栄なお仕事。

もう、オファーを頂けただけでも僕の人生にとって素晴らしい”ご褒美”でしたが、そんな松本さんのご期待に対し、ステージでご恩返しをさせて頂くことが出来なくなってしまったこと、僕もとても残念です。

川村ケン公式ブログ(https://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/145a72724e68966b7814119bfd6ff361)より引用

と綴り、同ツアーが中止となったことについての自らの率直な気持ちを吐露した。

Listen on Apple Music

しかしコロナ禍で…ツアー中止に理解「やむを得ない判断なのだろうな、と思います」

広告

一方で川村は、コロナ禍の現況にて同ツアーが中止になったことについて同記事で、

しかし、今生きている人類、誰にとっても未経験の、この世界中を巻き込んだ未曾有の事態ともいえる状況下で、

果たして当たり前のように心から楽しみ、何の迷いなく、100%”ツアー”という仕事に打ち込めるのかというと、実際、大変難しいと言わざるをえないのかもしれません。

日々かわる、色々なものを取り巻く状況。

もしかしたら、この先、また何かの理由で大きく感染者が増えて、政府からこういった公演の中止要請が出てしまうかもしれません。

あるいは、適切な対策をとっていたとしても、どういった理由や経路で、メンバーさん、スタッフさん、あるいはお客さんの中から、感染してしまう方が出てしまうかもしれません。

公演の実施や移動、その他、全てにおいて、何も影響がないだろうとは、今は、言えませんよね。

もうこれは、断腸の思いであることは十分お察ししつつ、しかし、やむを得ない判断なのだろうな、と思います。

川村ケン公式ブログ(https://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/145a72724e68966b7814119bfd6ff361)より引用

ともコメント。開催の判断について理解を示していることも、明かした。

延期の際にB’z制作担当者と「来年の春、満員のお客さんの前で一曲目の音が無事に鳴り響いた時には」…”嬉し涙お預けに”秘話明かす

広告

そして川村は、前年11月頃からの感染者増加にツアー中止を覚悟をしていたことを記し、

ですので、今回の決定の報を受けましても(勿論、少し前に制作サイドからご丁寧なご説明のご連絡を受けています)、驚くことはありませんでした。

「やはり、そうですよね」といったところが、偽らざる僕の気持ちであり、反応でした。

……悔しいですけどね。

川村ケン公式ブログ(https://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/145a72724e68966b7814119bfd6ff361)より引用

とコメント。さらに、

昨年、延期になった際には、制作サイドの担当の方と「来年の春、満員のお客さんの前で一曲目の音が無事に鳴り響いた時には、絶対に、泣いちゃいますよね」と話しておりました。

川村ケン公式ブログ(https://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/145a72724e68966b7814119bfd6ff361)より引用

と綴り、昨年5月に全公演延期が発表された際、B’zの制作担当者と振替公演についての意気込みを語り合っていた、というエピソードを明かした。

広告

また、ブログの文末で川村は

残念ながら、そんな嬉し涙もお預けになってしまいましたが、

今はただ、また必ずあるでありましょう次のあらゆる機会へ向けて、アセらず、サボらず、着実に、一歩一歩、しっかりと前へ進んでいくことだけです。

また必ずお会いできますように。

僕も、変わらず元気で歩み続けますので、皆さまも、どうかお変わりなくお元気でお過ごしくださいね

川村ケン公式ブログ(https://blog.goo.ne.jp/kenbow_001/e/145a72724e68966b7814119bfd6ff361)より引用

とコメント。自身が抱く未来に向けての想いや、ファンに対するメッセージを綴っている。

広告

川村は、松本がプロデューサーを務めたTAKURO(GLAY)の1st インストゥルメンタルアルバム『Journey without a map』(2016年12月14日発売)のレコーディングに参加し、松本が川村の音源を評価したことがきっかけで、ソロツアー『Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman-』でサポートキーボードに起用されていた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました