B’z稲葉浩志の転倒シーンが配信ライブで放送される

『B’z presents UNITE #01』大阪公演(2021年9月18日・19日、大阪城ホール開催)の配信ライブ(10月4日〜10日実施)で、ヴォーカル・稲葉浩志が楽曲「BANZAI」を歌っている際に転倒するシーン(19日の映像)が放送された。

間奏部分で「万歳」をオーディエンスと共に行い、会場を盛り上げた稲葉。
その後ラストサビの前のパートを「お立ち台」に上って歌い始めたが、転倒はこの直後に起きた。

稲葉は股を開きしゃがんで歌っていた後に立ち上がり、ラストサビの頭の「とどろけ 歓喜の歌よ」というフレーズを歌う瞬間にお立ち台の上からジャンプ。
しかし着地した時に身体のバランスを安定させることができず、後ろによろめいて、身体の右側面からステージに尻もちをついた。しかし稲葉はマイクを離さず歌唱を継続。演奏終了後に右の尻部分をさする仕草をする余裕も見せ、問題なく同公演やツアー日程を完走した。

また配信ライブでは、転倒シーンで視点がバスドラム付近に設置されたカメラに切り替わり、稲葉が転んだ瞬間が克明に映し出される場面もみられた。

稲葉の母・邦子さんは9月23日に行ったInstagramのライブ配信で、ライブで転倒したことについて同日本人に電話で「大丈夫ですか?」と聞いたところ「配信見てください」と言われたことを明かしていたが、本当に転倒シーンが配信ライブで放送されることとなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました