岡崎体育さん「B’zの裏はキツい」ROCK IN JAPAN FESTIVALでの”伝説のパフォーマンス” #岡崎体育 #Bzの裏はキツい #すじがねファンです

コラム

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)管理人です。

2019年11月21日(木)深夜、今田耕司さんと指原莉乃さんが司会を務めるテレビ朝日系トーク番組「すじがねファンです!」が放送され、シンガーソングライター・岡崎体育さんが2017年8月に開催されたロックフェスティバル『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のステージで、冒頭の掴みとして「B’zの裏はキツい」という楽曲を披露されたことがピックアップされました。

このパフォーマンスは当時話題となり、また一部の番組でも紹介されたところではありましたが、今回番組「すじがねファンです!」で紹介されたことにより、改めて岡崎体育さんの楽曲「B’zの裏はキツい」についてご紹介させていただきたいと思います。宜しければ是非ご覧ください。

岡崎体育さん「B’zの裏はキツい」を『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』で披露 番組「すじがねファンです!」で紹介

2019年11月21日(木)深夜、今田耕司さんと指原莉乃さんが司会を務めるテレビ朝日系トーク番組「すじがねファンです!」が放送され、シンガーソングライター・岡崎体育さんがゲストに登場しました。

番組では、岡崎体育さんの創り出す創意工夫に富んだ楽曲の魅力などを通じて、ファンの方々の声を交えながら岡崎体育さんの凄さや天才ぶりが紹介されており、その中で一番最初の具体的要素として、2017年8月に開催されたロックフェスティバル『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のステージで、岡崎体育さんがオーディエンスに対する冒頭の掴みとして「B’zの裏はキツい」という楽曲を披露されたことがピックアップされました。

岡崎体育さんは、2017年8月5日(土)に茨城県・国営ひたち海浜公園で開催された『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』1日目の「LAKE STAGE」に”トリ”で出演。そして日本を代表するロックアーティスト「B’z」も、ほぼ同じ時刻でメインステージの「GRASS STAGE」に出演しています。

ロックフェスティバルは複数ステージでパフォーマンスが進行し、オーディエンスは観たいアーティストを選択して会場の中のステージを移動するため、この時岡崎体育さんには、同じ時刻にライブを行っているB’zに大勢のオーディエンスを持っていかれてしまう懸念がありました。

そこで岡崎体育さんは、「LAKE STAGE」に登場した直後の1曲目に、楽曲「B’zの裏はキツい」を披露します。

▽『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』に出演したB’z
(映像はアルバム『DINOSAUR』初回限定盤DVD/Blu-rayに収録)

B'z / ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017 DIGEST

岡崎体育さんが「滅多にB’zさんはフェスに出られない方だったので、チャンスやなと」

番組では、この時の岡崎体育さんのパフォーマンス映像が実際に紹介されました。(2017年9月にWOWOWがこのライブ映像を放送)映像が紹介された後、司会の今田耕司さんが「B’zさんもそんなに悪い気はせえへん」とコメントしスタジオの笑いを誘うと、岡崎体育さんが滅多にB’zさんはフェスに出られない方々なので、これはやっぱりチャンスやなという風に思いましてと楽曲を披露したきっかけについて言及されました。

さらに岡崎体育さんは続けて、「ピンチをチャンスに変えるために1曲目で何をやったらお客さんが足を止めてくれるかなというのを考えた結果ああいう曲になりました」「それでその(B’zの)裏にタイムテーブルもってこられるっていうことはこれ多分運営側に試されてるんじゃないかと」とコメントされ、「B’zの裏はキツい」という楽曲を披露したいきさつや心意気について触れられています。

なお「B’zの裏はキツい」という楽曲は、その日のために作られたということです。

岡崎体育さん「B’zの裏はキツい」ロッキンジャパンで披露された歌詞

それでは、実際に岡崎体育さんの『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のステージ1曲目で披露された楽曲「B’zの裏はキツい」の歌詞を、以下にご紹介させていただきます。(歌詞は公式的に発表されていないため、語句の表記などにずれが生じている場合があります。予めご了承ください。)

岡崎体育「B’zの裏はキツい」

今日の締めくくりに 

俺を選んでくれてどうもありがとう 

精一杯 恩返しします

どうぞ楽しんでってください

でもB’zの裏はキツい B’zの裏はキツい

Everybody say

B’zの裏はキツい B’zの裏はキツい

まぁでも考えようによっちゃ ロッキンサイドに期待されてるってことかな

まぁでもデビュー1年ちょいの俺にこの大役はちょっと厳しいな

まぁでも誰かがやらへんかったら… ここはやらなあかん 一生懸命やらなあかん

ここ乗り切ったら来年GLASSステージでやらしてくれる

B’zの裏はキツい とはいえB’zの裏はキツい

Everybody say

B’zの裏はキツい 声出していこう! B’zの裏はキツい

Everybody say

B’zの裏はキツい Hey C’mon! B’zの裏はキツい

Everybody say

B’zの裏はキツい OK! B’zの裏はキツい みんな声聞かしてくれい!

B’zの裏はキツい B’zの裏はキツい

いやキツいキツい 正直むっちゃキツい(B’zの裏はキツい B’zの裏はキツい)

Everybody say

B’zの裏はキツい Ah yeah B’zの裏はキツい

っていうか俺B’zを観に行きたい B’zの裏はキツい

Everybody say

B’zの裏はキツい Oh one more!

OK!岡崎体育でしたよろしく!

岡崎体育『B’zの裏はキツい』の歌詞

「B’zの裏はキツい」はロッキン限りの披露の可能性

岡崎体育さんは、2019年6月にさいたまスーパーアリーナ開催したワンマンコンサート「BASIN TECHNO」においても「トロッコにのって」という、その場限りで有効なトリックが仕掛けられた歌詞の新曲を披露しており、こちらの「B’zの裏はキツい」という楽曲も、2017年のロッキンジャパンでしか聴けない”レアな”楽曲だった可能性が考えられます。

岡崎体育さんは番組で、全国各地から来たライブを観に来たファンの方々を満足させたいためや、ライブに来なかった人に後悔させて”今度は行ってみよう”と思わせるために、ライブ限定で披露する曲をその都度用意されているということを告白。また基本的に、それらの楽曲はCDに収録しないスタンスであることも明かされています。さらに司会の指原莉乃さんに「トロッコにのって」とともに「B’zの裏はキツい」が聴きたいとリクエストされた岡崎体育さんでしたが、”(ロッキン以来)B’zの裏になったことがない”ということでロッキン以降のライブでも披露されていないことを明かされ、今田耕司さんから「B’zの裏にまたなったらね」と冗談交じりに語りかけられ、笑顔で頷き反応を示されています。

ロッキン当日、実際には大勢のオーディエンスが岡崎体育さんのステージを堪能。現地でこの曲を聴いたファンの方々にとっては、大変貴重な思い出となったのではないでしょうか。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。
岡崎体育さんが『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のステージで楽曲「B’zの裏はキツい」を披露したニュースについてご紹介させていただきました。いかがでしたでしょうか?

筆者も岡崎体育さんの楽曲や今回の番組でのご発言を拝聴しましたが、岡崎体育さんが今まで誰も思い付いたことのない全く新しい視点で音楽制作を行われていることに改めて尊敬の念を抱くとともに、さらにその作品に内包されているユーモアが、対象としているものに対してリスペクトの気持ちを発していることに感銘を受けました。今回の「B’zの裏はキツい」の披露も、他の人が到底思いつかない発想から誕生していて、なおかつB’zへのリスペクトを内包しているものだったのではないでしょうか。

岡崎体育さんは2016年4月に発表した楽曲「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオが大きな話題を呼ぶと、1枚目のオリジナルアルバム『BASIN TECHNO』がオリコンウィークリーチャート初登場9位、iTunesのJ-POPチャートで最高位1位を獲得。 (2017年3月、「MUSIC VIDEO」は『第20回文化庁メディア芸術祭』エンターテインメント部門新人賞を受賞)
江崎グリコ「パピコ」やサントリー「BOSS」のCMやNHK朝ドラ「まんぷく」などのドラマに出演するなどマルチな活動を行いながら、2019年1月に3rdアルバム『SAITAMA』をリリースし、6月9日には、自身がデビュー前より夢と語ってきたさいたまスーパーアリーナでのワンマン公演を実現されています。

『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』ではサブステージ出演でB’zと出演時間帯が被ってしまった岡崎体育さん。しかしこのような目覚ましい活躍によって、今後は、フェスティバルの中のさらなる大きな目玉として、より主要なステージを担当される機会が増えるのではないでしょうか。
今後の岡崎体育さんの様々な面での躍進に、是非注目したいところです。

以上、岡崎体育さんが『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』のステージで楽曲「B’zの裏はキツい」を披露したニュースについてご紹介させていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました