佐藤竹善、B’zと前後の出番で『風街オデッセイ2021』に出演し「久々にご挨拶できて嬉しかったわん」

B'zと共演した佐藤竹善と川崎鷹也のツーショットミュージシャン・関係者
画像出典:川崎鷹也のTwitter投稿より引用

ヴォーカリストの佐藤竹善(SING LIKE TALKING)が5日、同日出演した『~松本 隆 作詞活動50周年記念 オフィシャル・プロジェクト!~ 風街オデッセイ2021 第一夜』(日本武道館)の出番を終えた直後(B’zのステージの直後)に自身のTwitterアカウントを更新。同じく出演者で、次の出番を務めたB’zについて、言及した。

佐藤は同ツイートで、

まさかの俺の後B’zの出番とは!! 😵
でも久々にご挨拶できて嬉しかったわん❣️
しかし、あそこまでホッソリしないとかっこよくないのかぁ🤣
#風街オデッセイ2021

佐藤竹善とスタッフのアカウント投稿(https://twitter.com/ChikuzenSato/status/1456568749276864518)より引用

とコメント。B’zと再会を果たした喜びや、彼らのプロポーションについての感想を、綴った。

佐藤は1985年頃よりバンド活動をスタートさせ(1986年より「SING LIKE TALKING」)、1988年にデビュー。B’zとは”同期”で長きにわたって共に活動を続けており、過去にラジオ番組でB’zの名前を挙げたこともあった。今回ステージを共にしたことについて、感慨一入だったことが推測される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました